オフライン環境にpyenv環境を作る(yum・pip・wget)

やりたいこと まずは、オンラインのマシンで準備 オフラインのターゲットマシンとなるべく同じOSで準備する 今回はVagrantで作成したCentOS6.5を使う 参考まで使ったVagrant boxは”centos6.5″ 最終的にこのような必要モジュール集を用意して 固めてオフライン環境に持っていき、pyenv環境を構築していく コマンドピックアップ まず大事なコマンドをメモしておく yumでインストールせずにダウンロードだけするコマンドと インストールしたローカルファイルからyumインストールする pipでインストールせずにダウンロードだけするコマンドと インストールしたローカルファイルからpipインストールする オンライン環境での準備 pyenvはgit cloneで取ってくる 中身はこれ 万が一これが出たら これを打っておく 次はpyenvvirtualenv これもgitから持ってくる 中身はこのようになる 次はPython本体 今回はとりあえず3.6.0だけ wgetでとってくる 中身はこうなる 次はpyenvに必要なモジュールたち reinstallとすることで、すでにインストールされていてもダウンロードできるようになる 中身はこれ 必要なモジュールも一つだけ持って行く これはpipでインストール 中身はこれ あとは固めて、SCPとかでオフライン環境に持って行く 参考 ファイルやりとり方法整理整頓 オフライン環境でのインストール ここからは、オフライン環境でやる作業 持ってきたものを解凍する pyenvに必要なモジュールをダウンロード pyenvをしかるべき場所に移動 pyenv-virtualenvをしかるべき場所に移動 パスを通す 今回はローカルのPythonソースからインストールするので PYTHON_BUILD_CACHEにてPythonがある場所を指定しておく 設定反映 Pythonソースの配置 先ほど定義した場所に配置する 追加Pythonのインストール 必要モジュールをインストール これでpyenvもpyenv virtualenvも使えるようになっている!