Close

djangoでログインした後、「LOGIN_REDIRECT_URL」ではなく、元いた場所に飛ばされるようにする

djangoのページでログインしないと見られないようにするの続き このままだと、chatルームに入ろうとしたら、ログイン要求され、 ログインしたらhomeに戻ってしまう。 ログインした後は、元いた場所に飛ばされるようにする。 「【ログインリンク】?next={{ request.GET.next }}」をつけるだけ

djangoのページでログインしないと見られないようにする

DjangoでChatアプリを作る5(チャットの投稿が別画面でもリアルタイムに反映されるまで)の続き djangoのページでログインしないと見られないようにするには、 @login_required をつけるだけ(モジュールのインポートも忘れずに) しかし、このままだと、chatルームに入ろうとしたら、ログイン要求され、ログインしたらhomeに戻ってしまう。 元いた場所に飛ばされるようにするには、以下リンク参考にしてください djangoでログインした後、「LOGIN_REDIRECT_URL」ではなく、元いた場所に飛ばされるようにする

DjangoでChatアプリを作る5(チャットの投稿が別画面でもリアルタイムに反映されるまで)

DjangoでChatアプリを作る4(チャットの投稿ができるまで)の続き CHANNEL_LAYERSをsettings.pyに追記する あれ、エラー channels_redisを忘れてた ★部分追記 docker-compose buildとdocker-compose upで立ち上げ直す 次はこんなエラーが 0.0.0.0ではなく、’redis’と記載する(★部分追記) 次はこれ redisサービスをあげてなかった(★部分追記) docker-compose buildとdocker-compose upで立ち上げ直す docker-compose upでこんなん出てくる 最後はこの文言出てくる consumers.pyをコピペし直す できた、2画面で同期とれている Safariの方 Chromeの方でhiと送信する すると、Safariの方でも反映されている 最終的なディレクトリ構造はこんな感じ 次はせっかくなので、ログインユーザだけチャットできる世界を作りたい

DjangoでChatアプリを作る3(チャットの画面ができるまで)

DjangoでChatアプリを作る2(What chat room would you like to enter?の画面が表示されるまで)の続き こちら を参考に進める https://channels.readthedocs.io/en/latest/tutorial/part_2.html 粛々とコピペする room関数を定義(★部分を追記) roomごとのURLにアクセスされるようにする(★部分を追記) これでチャットの画面が表示された! (まだチャットはできない) DjangoでChatアプリを作る4(チャットの投稿ができるまで)に続く