Close

オープンソースのCDNを使って、WordPressの記事上でJavascriptを動かす(jsDelivr)

オープンソースのCDNであるjsDelivrがWordPressの記事上で動かしたいときにとても便利だったので備忘メモ https://www.jsdelivr.com 調べて、URLをコピーして、HTMLの中に書くだけ これで読み込める。 参考: Epochでリアルタイムグラフを描く リアルタイムグラフで遊ぶ(Epoch)

Epochでリアルタイムグラフを描く

Epochを使って、リアルタイムに動くグラフを描いてみる。 成果物はこちら リアルタイムグラフで遊ぶ(Epoch) Epochとは、チャートを描くツール https://epochjs.github.io/epoch/ 色々描けるが、今回は「Real-time Line」を使って、ドロップダウンリストで作成した式を即座に反映させて描くツールを作ってみる。 CDNからEpochの読込 WordPress上で動かすため、オープンソースのCDNからEpochを読み込む epoch-charting 必要なのは、 「epoch.min.css」「epoch.min.js」「tests.css」の三つ。 minではないjsとcssもあったが、とりあえず今回はminで良い 参考: オープンソースのCDNを使って、WordPressの記事上でJavascriptを動かす(jsDelivr) Epochの基本 基本は、横軸は時間として、yに好きな値を入れてpushする chartの変数に何が入っているかというと、 チャートをどのように描くか、データの中身(data変数で定義)などが入っている data変数の中には、このように定義されている 成果物はこちら リアルタイムグラフで遊ぶ(Epoch) フルコードは以下。かなり冗長になってしまった、、 成果物はこちら リアルタイムグラフで遊ぶ(Epoch)

WordPressの特定のページでJavascriptを動かす

WordPressの特定のページでJavascriptを動かす。 色々やり方があるようですが、一番簡単なのはプラグインを入れることかと! 私はこちらを使用。 インストールすると、ページの下部に「CJT Block」の項目ができるので「Create」をクリック。 https://ja.wordpress.org/plugins/css-javascript-toolbox/   もっと良いやり方があるかもしれないが、自分は「script」タグから入れている。(エラーがでるが無視) 以下コピペ用。 「Save」ボタンを押すのを忘れずに。 そして、ページの「Text」に以下の通り書いておけば、このページ内で呼び出すことができる。 click ここ

FlaskのAPIサーバから取得した情報をHTML/Javascriptで表示する

flaskでAPIサーバを作成するで作成したAPIサーバからの情報をHTMLページに表示する 実際のツールは以下に https://www.yoshiislandblog.net/twitter_mecab_api/ 最新のコードは以下に https://github.com/yoshi-island/mecab-twitter-api_client get-tweets-places.html 参考: 備忘:ログアウトしてもバックグランドでコマンドを実行し続ける

Livedoor blog スマホ対応問題

ライブドアブログを他でやっておりますが、 「CSSがスマホで対応していない問題」にぶち当たりました。 http://hataraku-ikiru.com/lddesign-smartphone.html しかし、どうしてもcssを適用させたかったので、htmlの中に直接書き込みました。   これでlivedoor blogのcssをスマホでもみられます! ※2ページ目に行くと適用されないので、2ページ目の冒頭にもcssを入れないといけないです。