Ubuntu

Linuxで一番シンプルにメールを送受信する(postfix on Ubuntu)

認証とかDNSサーバとかは考えずに、ただただLinux(CLI)でメールを送受信してみたい、という簡単手順 全体概要は以下の通り Virtualbox上にVagrantを使ってUbuntu14(14.04.5 LTS)サーバを二つたて、相互にメールを送受信する (VMは必ずしもVagrantで作らなくても良い) VMの設定 送信側も受信側も同じ設定だが、わかりやすいように送信側を「smtpSv」、受信側を「smtpCt」というVM名とする 以下手順をそれぞれのVMに対して設定する (下準備)VagrantでVM作成 Vagrantfileの中身は以下の通り ※”smtpSv”はサーバによって名前を変える VM起動 VMへログイン hostnameファイルとhostsファイル編集 ホスト名を設定 ※「smtpSv.example.com」はサーバによって名前を変える 今回はDNSサーバを使わずにローカルのhostsファイルを見てメールを送る前提なのでhostsファイルに直接記載設定する 設定反映のためにリブートする 再びログイン postfixのインストールと設定 postfixをインストール 途中で「Please select the mail server configuration type that best meets your needs.」と出てきたら、今回は一番シンプルに行くので「No configuration」を選択 設定ファイルを適切な場所に持ってくる 中身を編集 ※「myhostname = smtpSv.example.com」はサーバによって名前を変える 「smtp_host_lookup = native」は、DNSではなくhostsファイルを見に行ってね(そこになければDNS)という意味 設定を反映させて完了 もう一つのサーバについても同様に設定をする 動作確認 設定が完了したので動作確認 送信側のVMでメールを送信する 最後に「.」とEnterを押せばメールが送信される (/var/log/mail.logや/var/log/syslogにログは出力される) ※今回は「smtpCt」サーバ、「example.com」ドメインの、「vagrant」というユーザーあてに送信。環境によって適宜変更ください) ※送信側のVM(smtpSv)で操作 受信側のサーバでメールが受信できていることを確認 先ほど宛先に指定したユーザーのホームディレクトリ(/home/vagrant)に移動すると Maildir/new/配下に新しくファイルができているので中身を確認する ※ファイル名は状況によって異なります ※受信側のVM(smtpCt)で操作 …

Linuxで一番シンプルにメールを送受信する(postfix on Ubuntu) Read More »

Ubuntu18.04でSSH専用のユーザ追加とSSHポートしぼり

Ubuntu18.04セットアップSSHログインができるまでの続き。 Ubuntu18.04でSSH専用のユーザ追加とSSHできるポートも絞る ユーザ追加 hogehogeというユーザを追加する。 SSHのコンフィグファイル編集 まずはバックアップ 編集。「Port 22」から好きなポートに変更(今回は11111)と、「AllowUsers hogehoge」追加で、先ほど作成したユーザからのみSSHを受け付けるようにする。 設定反映。 確認 これで先ほど作成したユーザ「hogehoge」のみ、ポート「11111」で受け付けるようになった。

Ubuntu18.04セットアップSSHログインができるまで

Ubuntu18.04を自作デスクトップPCにインストールする手順の続き。 ひとまずMacからデスクトップのUbuntuへリモートログインできるまで。 sshをインストール 設定ファイルいじるのでvimもインストール Ubuntu18では、/etc/netplan/配下のファイルたちでyaml形式で設定を記載する。 現状は、01-network-manager-all.yamlしかない。 以下のように設定する。 設定の反映 無事にMacからSSHログインできる。 続きはUbuntu18.04でSSH専用のユーザ追加とSSHポートしぼり

Ubuntu18.04を自作デスクトップPCにインストールする手順

Ubuntu18.04を自作デスクトップPCにインストールする手順。 OSをDVDに焼く ※Macで操作しています。 以下サイト「Download」ボタンより、イメージをダウンロード。 https://www.ubuntu.com/download/desktop 空のDVDを用意。私は、家にあった以下を使用。 DVDをMacとつなぎ、ダウンロードされたイメージを右クリックすると、「ディスクイメージを、、、ディスクに書き込む」という項目が出るのでクリック。 しばらく経つと完了。 OSイメージが焼かれたDVDを取り出す。 loginまで ここからはスクリーンキャプチャが取れなかったので、テキストベースでメモ。 まずは、イメージを焼いたDVDをPCに入れて、電源オン。 挿入した、DVDからブートされるようにする。 ※マザーボードによるかもですが、起動して、マザボのロゴが出ているところで、F12連打でBIOSメニューに入り、DVDをBoot Deviceに指定することで、DVDからブートできます。 しばらく(結構しばらく)経つと、Guestセッションユーザーでログインせい、という画面が出てくる。 クリックするとパスワード無しでデスクトップ画面へ入ることができる。 初期設定 あれ、何も設定していないけどデスクトップに入れてしまった。と少し迷ったが、 デスクトップの左上に、「Install Ubuntu 18.04LTS」というアイコンが出ているので、そちらをクリック。 これで晴れて、セットアップが始まる。 Ubuntu 18.04 LTS Will Let Users Choose Between Normal and Minimal Installations ユーザーやネットワークなどの設定を入れて、リブートすれば完成。 最後に迷ったのは、リブートした後の、時間が出ている画面からログインパスワードを入れる画面へどうやって移動するのかわからなかった。 正解は、上にスワイプ。

Ubuntuの設定で新たに画面解像度の選択肢を増やす

Ubuntu16.04のGUI「System Settings」で画面解像度を変えようとした時に選択肢ないやん。 という時に選択肢を増やす方法。 ※必ず、SSH越しではなく、デスクトップのターミナルで実行する。 1920 x 1080 60Hzの画面の場合。 Modeline以降をコピペして設定する。 追加。 これで晴れて追加される。

Ubuntu周りの備忘録

バージョンを確認する https://askubuntu.com/questions/686239/how-do-i-check-the-version-of-ubuntu-i-am-running ネットワークリスタート networkと打ってしまいがち。

Ubuntuアップデートしたらおかしくなった件

Ubuntuを14.04から16.04へアップデートしたらおかしくなったので対処したログ ログインできない GUIログイン画面でパスワード+Enterを入力しても、一瞬画面が暗くなり、元の画面に戻ってしまう。 原因はnvidiaのドライバのバージョンが合っていないことなので、合わせてやることで解決する。 「Ctrl + Alt + F1」でCLIに入る OSが32bitか64bitか確認しておく nvidiaの種類を確認しておく 上記二つの情報から、以下サイトにて必要なドライバを確認する http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp 自分の場合は、390.67と出たので、nvidia-390をインストールすれば良い まずはもともとインストールされているドライバを確認する 合っていないので、全部消しちゃう 消えたことを確認する いざインストール 見つからないとエラーが出る リポジトリ追加でいけた 最後に再起動して終わり 参考にしたページは以下 https://ubuntuforums.org/showthread.php?t=2370033

ubuntu on vagrantにMecab python環境構築

pyenv virtualenvの設定の続き Mecab環境を構築する。 UbuntuにMecabのインストール まずは、pythonに入れる前にUbuntuにMecabをインストール 確認 文字化けしてしまう。 以下の通り、utf8の辞書を入れることで解決した。 PythonへMecabをインストール pythonにMecabをインストールする できない。 と言われるので、その通りコマンドを入れる。 これでインストールできる vimの文字化けで困ったら vimの文字化けで困ったら以下参照 vimで日本語が文字化けする PythonでMecabを動かす 以下のようにエラーが出てきた。 以下の通り環境変数追記することで解決。 私の場合は、~/.bash_aliasesに記載する。 実行。