Close

PythonのClassとConstractorとMethodをざっくり理解する

PythonのClassとConstractorとMethodをざっくり理解する ※Python3.5.0前提で記載 用語整理 Class(クラス):設計書 Constractor(コンストラクター):Classが作られるときに最初に実行されるやつ Method(メソッド):Classの機能 白紙のClass(設計書)を用意する ここからは実際にClassとやらを用意する Classの枠はこれだけ 今回は「Human」というClassにした Class(設計書)の中身を書いていく 白紙設計書では意味がないので、この中に色々内容を書いていく Classの中には、いくつか機能(Method)が書かれている Methodは「def」という接頭語?で記載する 今回は「Human」クラスに、「laugh」と「walk」という機能を用意した 「init」という名前のMethodは、Classが作られた絶対実行されること。 これは、特別に「Constractor」と呼ばれる 変数の定義などがよく書かれる 何でinitなの?とかはよくわからん、そう決まってる(雑) その他の任意の名前で書かれているMethod(例えば上の例では「laugh」と「walk」) は、 呼び出されたら使われる機能 「def」から始まる塊について「class」の外で使われたいたら 「function(関数)」と呼ばれる。紛らわしい、、、 参考:pythonの中でよくみる「def」から始まる塊について、用語が紛らわしいので整理する 設計書の全容は以下 Class(設計書)からもの(Instance)を作って動かす 設計書が書けたので、設計書から「もの」を作って、機能を使ってみる できたものを「Instance(インスタンス)」と呼ぶ 何もなければ、Humanクラスはこれだけで作成できる ただ今回は、色々パラメータを使う前提で「Class」を書いているので、こんな感じで作成する パラメータを使う前提で、、というのはこの部分のこと 更に、「Human」Classから作成したオプジェクト(以下の例では「taro」 と定義)から各機能を使うには、 「taro.【機能名】」と記載する こんな感じ 実行結果 今回Classを作成して実行したコード全容は以下 実行結果はこうなる

Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(4)Job作成・後編〜

Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(3)Job作成前編〜 の続き Job作成3〜まとめたrpmを任意のサーバにSCP転送(upload)〜 前回までで (1) Gitからコードを取得して(Checkout) (2) rpmにまとめて(Build-prep、Build) というところまで設定が完了したので、今回は (3) 任意のサーバにSCP転送(upload) というJob設定(Stage)を追加する SCPが少し厄介で、 JenkinsでSCPを使うには、「SSH Agent」というPluginのインストールが必要 なので、流れとしては、 0. 環境準備(SCP先サーバ作成) 1. 「SSH Agent」Pluginをインストール 2. SCPするための鍵設定 3. Job設定 4. いざ実行 という流れ 0. 環境準備(SCP先サーバ作成) SCP先のサーバを作成してこの環境を作る Vagrantで作成する (最初にJenkinsサーバと一緒に作っておいたほうが効率よかった) ※Macのターミナルから操作 起動 ログイン あと、これは必須ではないのだけど 今回、二つのサーバ(Jenkinsサーバ、SCP先のサーバ)を使うので わかりやすいようにターミナル設定を変えておく SCPサーバの方は「[vagrant@jkDst ~]$」と表示されるようにする Jenkinsサーバの方は「[root@jkSv vagrant]#」と表示されるようにする これで準備は完了 1. 「SSH Agent」Pluginをインストール 「SSH Agent」プラグインをインストールする (すでにインストールされていればここの手順は飛ばしてOK) 「Manage Jenkins」をクリック 「Manage Plugins」をクリック 「Available」タブから「SSH…

Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(3)Job作成・前編〜

Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(2)Jenkinsサーバ初期設定〜 の続き Job作成1〜gitからコード取得(Checkout)〜 サーバができたのでJobを動かしてみる 前回に引き続き、 こちら を参考に進める Jenkinsを使った自動テスト環境を作る(前編) 今回のJobは (1) Gitからコードを取得して(Checkout) (2) rpmにまとめて(Build-prep、Build) (3) 任意のサーバにSCP転送(upload) という一連のJob この記事では(1)(2)まで作成する 「create new jobs」からjobを作成 (もしこの画面が分からなければ「New Item」 から作成する) item nameは任意の値を入れて、「Pipeline」を選択 「Description」など適宜入力しつつ、下にスクロール 「Pipeline」のセクションにScriptを入れるのだが 今回は自動生成ツールを利用する 「Pipeline Scripts」をクリック 各項目を入力する * Sample Step:checkout: Check out from version control * SCM:Git * Repository URL:https://github.com/hylom/grrreader * Branches to build:*/release Gitに繋がらないというエラーが出る場合は、そもそもgitがjenkinsサーバにインストールされていないのかもしれないのでインストールしてみる 「Failed to connect to repository :…

Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(2)Jenkinsサーバ初期設定〜

Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(1)Jenkinsサーバを作成〜 の続き Jenkinsの初期設定 先ほど作成したJenkinsサーバの初期設定をする 「Vagrantfile」で指定したIPアドレスのポート8080番にブラウザからアクセスする 「http://【jenkinsサーバのIP】:8080」 最初に出てくるのは「Unlock Jenkins」の画面 「AdminPassword」はJenkinsサーバの「/var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword」に記載されているものをコピペする その後は画面のナビ通りに設定 「Customize Jenkins」>『Install suggested plugins』 「Gettin Started」 「Create First Admin User」 「Instance Configuration」 「Jenkins is ready!」 これでセットアップは完了

Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(1)Jenkinsサーバを作成〜

さくらさんのブログを参考にJenkinsをいじってみる Jenkinsを使った自動テスト環境を作る(前編) この記事では、 VagrantでJenkinsサーバonCentOS7を作成するところまで (ホストはMacOS) VagrantでJenkinsサーバonCentOS7を作成する まずはワークディレクトリを作成 VagrantでJenkinsサーバを作成する 「Vagrantfile」を作成 「Vagrantfile」の中身を編集 ※ ご自身の環境に合わせて編集ください 使うbox:centos/7 名前:jenkinsserver ネットワーク:192.168.33.100 ※ 「centos/7」のboxをインストールしていない場合は、インストールの必要があります マシンを起動 起動したらsshでログインする Jenkinsをインストールする wgetとjavaが入っていないので合わせてインストールした javaが入っていないと、jenkinsの起動ができず、以下のようなエラーが発生する 必要バッケージがインストールできたので、jenkinsを起動する 続きは、Jenkins超入門(Vagrant・CentOS7)〜(2)Jenkinsサーバ初期設定〜