Close

GAS(GoogleAppsScript)からシンプルにAPIを叩く方法(Twitter API)

GAS(GoogleAppsScript)からシンプルにAPIを叩く方法(Twitter API) 文系には難しい記事が多いので、なるべくシンプルに書いてみる 試しに使うのは Twitter API ーーーーーーー ※前提として、こちらのページからtwitter appを作ることが必要 https://developer.twitter.com/apps Appを作ったら、Consumer API keys(API key、API secret key )を入手して、Base64でエンコードしてください 詳細のやり方は以下が参考になる Twitter APIのOAuthToken取得方法 ーーーーーーー まず、TwitterのAPIを叩くためにTokenをもらってくる Curlで叩くとこんな感じ 【】の中は適宜変更してください 叩くとtokenが返ってくる これと同じことをGASでやってみるとこんな感じ UrlFetchApp.fetch(url,options)で、end pointのURLと、認証情報などのOptionsを送る 結果も帰ってきている もちろん、上で得たtokenを使ってAPI叩くときも同じようにやる GET statuses/user_timeline curlはこちら 試しにホリエモンさんのアカウントを使う GASにするとこうなる 今回getなのでpayloadはなし 結果も出てきている

localで動作確認していたSNS Appと紐づいたアプリをAWSに移行するときに忘れてはいけないこと

localで動作確認していたSNS Appと紐づいたアプリをAWSに移行するときに忘れてはいけないこと この辺の続き DjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで) #1 SNS Appの方でCallback URLを更新する(忘れがち) Githubの方 twitterの方 #2 settings.pyのALLOWED_HOSTSに追記 こちらも忘れがち

DjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで)

DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)の続き 以下の記事を参考に進める How to Add Social Login to Django Twitter loginも実装する https://apps.twitter.com/から「Create New App」をクリック Callback URLには「http://0.0.0.0:8000/oauth/complete/twitter」と入力 PermissionsはRead-onlyとする Key and tokensタブより、Keyを取得する 備忘:コンテナログインのコマンド settings.pyに以下を追記する DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)の要領で変数を定義 login.htmlもちょっと追記 これでTwitter Loginも完成 http://0.0.0.0/login/:8000 facebookはssl化が必須みたいなので、一旦諦める、、 Login Security

DjangoでSNSログイン機能を実装させる1(コンテナ作成と起動まで)

こういう画面で、通常ログインではなくて、SNSアカウントでログインができるように実装したい 今回は、GithubとTwitterアカウントでログインできるようにする 以下の記事を参考に進める How to Add Social Login to Django まずはDockerでコンテナを立ち上げる ほとんどこちらと同じ話 Django on Docker超入門1(ロケットの画面まで) 適当なワークディレクトリで以下のようにファイルを作成する 各ファイルの中身は以下の通り コンテナを作成 mysiteはサイトの名前なので任意の値 インデントがきちんとしていないと以下のようなエラーが出るので注意 すると、以下のようなディレクトリ構成になる settings.pyの編集をしていく コンテナを立ち上げる ここからはコンテナに入って作業する DBのマイグレート スーパーユーザーの作成 これでアクセスできるようになる http://0.0.0.0:8000 http://0.0.0.0/admin:8000 続きはこちら DjangoでSNSログイン機能を実装させる2(Githubログイン機能実装まで)

FlaskのAPIサーバから取得した情報をHTML/Javascriptで表示する

flaskでAPIサーバを作成するで作成したAPIサーバからの情報をHTMLページに表示する 実際のツールは以下に https://www.yoshiislandblog.net/twitter_mecab_api/ 最新のコードは以下に https://github.com/yoshi-island/mecab-twitter-api_client get-tweets-places.html 参考: 備忘:ログアウトしてもバックグランドでコマンドを実行し続ける