Close

BloggerのMobileビューで設定したフォントが適用されない

Bloggerでは、 Blogger Theme Designer(「Theme」>「Customize」)で設定したフォントが、そのままモバイルでは適用されない そこで、CSSに記載しておく必要あり Blogger Theme Designer(「Theme」>「Customize」)>「Advanced」>『Add CSS』より以下を追記する 前に記載されたフォントから、無ければ次のフォント、という風に探しにいってくれるそう 「*」は全部に適用するという意味なので、適宜カスタマイズください ※こちらのサイトを参考にさせていただきました 参考:BloggerブログのフォントをCSSで設定しよう!

WordPressのモバイルビューでサイドバーを投稿記事の上下に表示する(追記版)

WordPressのモバイルビューでサイドバーを投稿記事の上下に表示するの後日談。 サイドバーの設定も同様に、Themeのアップデートとともに消えてしまった。 参考:WordPressのモバイルビューで、ブログ投稿のサマリを表示しないようにする(追記版) CSSは、「Appearance」>「Edit CSS」に入れておけば良いが、 ファイルを追加したり、phpファイルの中身変更などはアップデートのたびに再度対応する必要がありそう。 何か良い方法はないものか、、、、

ibis Paint Xでグラデーション文字(PNG透過画像)を作成する

ibis Paint Xでグラデーション文字(PNG透過画像)を作成する

ibis Paint Xでグラデーション文字(透過画像)を作成する 完成形はこちら iPhoneで作成する グラデーションの色は、以前作成したグラデーションの画像を使う 参考:シェルスクリプトで、HTML/CSSの出力結果(グラデーション)を、PNG画像に変換してローカルに保存する 今回利用するペイントソフトはibis Paint X App Storeからインストールしておく (今回はibisだが、特別な機能を使っていないので、レイヤーを使えるペイントソフトであれば何でもOK) アプリを立ち上げ「マイギャラリー」をクリック (画像が中国語設定なのはごめんなさい) 左下の「+(プラス)」アイコンから新規作成 お好きなキャンバスサイズを選択する レイヤーのアイコンをクリック 背景は白以外にしておく カメラのマークから、グラデーション画像を開く お好きな大きさに調整し、チェックマークで確定 レイヤーのアイコンをクリックし、「+(プラス)」アイコンからレイヤーを追加する 「三(三本線)」アイコンをクリックしながら、追加したレイヤーをグラデーション画像の上に持っていき、 選択した状態にしておく 左から二番目(今回は筆のマーク)のアイコンをクリック「文字入れ」を選択 「文字追加」というボックスが現れるのでクリック お好きな文字を入れ、字体なども調整する (グラデーションが見えるように太めの字体がおすすめ) この際、色は何でもOK できたらチェックマークを選択して終了 レイヤーウインドウを開き、「+(プラス)」アイコンからレイヤーを追加する 追加したレイヤーは、先ほど作成した文字とグラデーション画像の間に来るように移動する グラデーションのレイヤーは、目のアイコンをクリックし見えない状態にしておく 追加したレイヤーを選択した状態で閉じる (レイヤーアイコンがあった部分を再びクリックすると、レイヤーウインドウが閉じる) 左から二番目(今回はTのマーク)のアイコンをクリック「塗りつぶし」を選択 画像の文字以外の場所をクリックし、塗りつぶす この際、色は文字の色と被らなければ何でもOK レイヤーウインドウを開き、文字のレイヤーとグラデーションレイヤーの目のアイコンをクリックし、見えない状態にする 塗りつぶしたレイヤーを選択して、ウインドウを閉じる 上部の四角いマークをクリック 「不透明度で選択」をクリック 塗りつぶした部分が選択される レイヤーウインドウを開き、塗りつぶしたレイヤーを見えない状態にし、グラデーションのレイヤーを見える状態にする 左から二番目のアイコン(今回はバケツ)をクリックし「消しゴム」を選択する 下部に消しゴムの大きさを調整するバーが出るので一番大きくしておく 画像を豪快に消していくと文字部分だけが残る 上部の四角いマークをクリックし、「選択解除」 これで完成 一番右下のアイコンをクリックし「透過PNG保存」から透過PNG画像として保存ができる こちらが完成した画像 以上。

WordPressの管理画面からPHPのバージョンを確認する方法(普通のやり方も)

WordPressの管理画面からPHPのバージョンを確認する方法 サーバに入れない場合などに役立つので備忘メモ 「Tools」>「Site Health」>「Info(タブ)」>「Server」>「PHP Version」 から確認できる 参考:普通のやり方 (1) サーバに入って、以下コマンドで確認 (2) ドキュメントルートに以下のようなファイル「test.php」を配置 「https://【URL】/test.php」へブラウザからアクセス 以上。