Close

Office365のOutlook APIをpythonで叩いてSlackに本日と翌営業日の予定をPostしようとしてみる(5)本日と翌営業日の予定をPostしようとしてみる

フルコードはこちら https://github.com/yoshi-island/o365_slack_work 前回の記事はこちら 本日と翌営業日の予定をPostしようとしてみる ごめんなさい、まだSlack Botレビュー中なので、Slackにポストはまだできていない でもこの通りにやればできるはず わかりやすいように、一旦ポストする内容をprintするようにしています python-slackclientを使うので、 python-slackclientをpipでインストール 同じ階層の先ほど作成したpassword_list.pyの内容に 先ほど控えたslackのtokenと、ポストしたいチャンネルのIDを記載 (チャンネルIDはブラウザでSlackチャンネルにアクセスした際のURLに記載されている) 同じ階層に以下のポストするこのようなファイルを作成する 汎用的でなくてすみませんが、以下の変数は自身の環境に合わせて書き換えとく これで実行すると、本日の予定と、次の出勤日(月〜金)の予定がPostされる いつの予定を出力したいかは「## get next business day events」を操作してくださいませ。 まだBotが動かないので、一旦print結果でご容赦、、 土曜日の場合は当日と翌月曜の予定が記載される 日〜木曜日の場合は当日と翌日の予定が記載される 金曜日の場合は当日と翌月曜の予定が記載される うん、とりあえず必要な情報取れてる。 Trouble Shooting Slack Botの投稿がうまくいかない場合は、Slack Distributionのチェックが全て付いていないかも ちょっと面倒くさいけど、全てがチェックつくように規約確認したり、Botの説明を記載したり頑張ってください。

Office365のOutlook APIをpythonで叩いてSlackに本日と翌営業日の予定をPostしようとしてみる(4)Slack Appの作成

Office365のOutlook APIをpythonで叩いてSlackに本日と翌営業日の予定をPostしようとしてみる しようとしてみるという理由は、slack botの申請がまだ降りていないので、実際にslackのポストまでは試せていないせいということ、、、 フルコードはこちら https://github.com/yoshi-island/o365_slack_work 前回の記事はこちら Slack Appの作成 以下ページからSlack Botを作っていく(Slackアカウントとワークスペースはある前提) https://api.slack.com/apps 以下の手順で作成していく。 基本的に、Botを作成した後、「Basic Information」と「Manage Distribution」のページで全て緑チェックがつくように操作していく (規約チェックとかBotの説明文追加とか結構大変) 最後にSubimitし、Slack社のレビュー?が通ったら晴れて使えるようになる OAuth Tokenは大事に控えておく すぐSlackのページにアプリ自体は追加されるが、レビュー状況はアプリのページから確認できる 続きはこちら

localで動作確認していたSNS Appと紐づいたアプリをAWSに移行するときに忘れてはいけないこと

localで動作確認していたSNS Appと紐づいたアプリをAWSに移行するときに忘れてはいけないこと この辺の続き DjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで) #1 SNS Appの方でCallback URLを更新する(忘れがち) Githubの方 twitterの方 #2 settings.pyのALLOWED_HOSTSに追記 こちらも忘れがち

DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)

DjangoでSNSログイン機能を実装させる2(Githubログイン機能実装まで)の続き お気づきと思いますが、このままではkeyがsettings.pyにベタが記されているので、以下記事を参考にdecoupleで別ファイルから呼び出すようにする How to Use Python Decouple 備忘:コンテナログインのコマンド 必要モジュールのインストール .envファイルを作成し、keyを定義する このファイルは安全に保管するべきなので、.gitignoreに記載するなどして、gitにpushしないようにする settings.pyの方は以下のように変更する 続きはDjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで)

DjangoでSNSログイン機能を実装させる1(コンテナ作成と起動まで)

こういう画面で、通常ログインではなくて、SNSアカウントでログインができるように実装したい 今回は、GithubとTwitterアカウントでログインできるようにする 以下の記事を参考に進める How to Add Social Login to Django まずはDockerでコンテナを立ち上げる ほとんどこちらと同じ話 Django on Docker超入門1(ロケットの画面まで) 適当なワークディレクトリで以下のようにファイルを作成する 各ファイルの中身は以下の通り コンテナを作成 mysiteはサイトの名前なので任意の値 インデントがきちんとしていないと以下のようなエラーが出るので注意 すると、以下のようなディレクトリ構成になる settings.pyの編集をしていく コンテナを立ち上げる ここからはコンテナに入って作業する DBのマイグレート スーパーユーザーの作成 これでアクセスできるようになる http://0.0.0.0:8000 http://0.0.0.0/admin:8000 続きはこちら DjangoでSNSログイン機能を実装させる2(Githubログイン機能実装まで)