Close

GAS(GoogleAppsScript)からシンプルにAPIを叩く方法(Twitter API)

GAS(GoogleAppsScript)からシンプルにAPIを叩く方法(Twitter API) 文系には難しい記事が多いので、なるべくシンプルに書いてみる 試しに使うのは Twitter API ーーーーーーー ※前提として、こちらのページからtwitter appを作ることが必要 https://developer.twitter.com/apps Appを作ったら、Consumer API keys(API key、API secret key )を入手して、Base64でエンコードしてください 詳細のやり方は以下が参考になる Twitter APIのOAuthToken取得方法 ーーーーーーー まず、TwitterのAPIを叩くためにTokenをもらってくる Curlで叩くとこんな感じ 【】の中は適宜変更してください 叩くとtokenが返ってくる これと同じことをGASでやってみるとこんな感じ UrlFetchApp.fetch(url,options)で、end pointのURLと、認証情報などのOptionsを送る 結果も帰ってきている もちろん、上で得たtokenを使ってAPI叩くときも同じようにやる GET statuses/user_timeline curlはこちら 試しにホリエモンさんのアカウントを使う GASにするとこうなる 今回getなのでpayloadはなし 結果も出てきている

GAS(Google Apps Script)でSlack BotにPostするお話

GAS(Google Apps Script)を使ってSlack BotにPostするお話 このモチベーションは、GASを使えば簡単に、スクリプトのスケジュール実行ができるので Botとの相性が良さそうと思ったのがきっかけ 参考: Google Apps Scriptはスケジューリングできるって まずはSlackのLibrary Keyを登録 「Resources」>「Libraries」 バージョンはひとまず最新にしておく ポストするコードはこんな感じ myFuncrtionを実行するといける 最初は認証やら聞かれるのでOKしておく Variablesの部分は以下を参考に GAS(Google Apps Script)の小ネタ〜変数   slack botの作り方は以下を参考に Office365のOutlook APIをpythonで叩いてSlackに本日と翌営業日の予定をPostしようとしてみる(4)Slack Appの作成

GAS(Google Apps Script)の小ネタ〜変数

GAS(Google Apps Script)のすごい小ネタ その3 変数を使いたいとき、特に、Secret Keyなど直接書きたくない奴は、「PropertiesService」を使う 実行してログを見ると無事に格納されている 変数の設定はUIからも可能 「File」>「Project propaties」 その名の通り、User propatiesはユーザーごとの変数で、Script propatiesはスクリプトごとの変数 Secret keyとかを格納するならUser propatiesに入れるのが良さそう 前は「UserPropaties」を使っていたんだけど、使おうとすると以下のようなエラーが出る もうじき使えなくなるそうなので、代替の「PropertiesService」を使った方が無難 「PropertiesService」の詳細の使い方は以下 Class PropertiesService 設定されていないと、「Undefined」が返ってくる わかりやすい