Vim

hubotをslackと連携させて動かす

hubotをslackと連携させて動かす 準備 nodejsの環境構築は以下を参照ください nodenv環境の構築(Mac) Slack tokenの取得は以下から https://api.slack.com/apps インストール 「yo」「generator-hubot」という必要なモジュールをインストール 色々出力されるが、「Everything looks all right!」と最終的に表示されればOK インストールしたモジュールを使えるようにシェルの再起動をしておく ※何も表示されない Bot作成 yoを使ってBotを作成する 「May we anonymously report usage statistics to improve the tool over time?」はとりあえず「No」と回答 「Owner」「Bot name」「Description」は適当に、とりあえずデフォルトで回答 「Bot adapter」は「Slack」を指定 これでhubotを使えるようになったので動かしてみる 「bin/hubot」で実行し、「Enter」キーを押すと「【Bot name】>」とプロンプトに入るので 「【Bot name】 ping」と打ってみて「PONG」と返って来れば成功 プロンプトを抜けるには「exit」 Slack連携 作られたhubotをslackと連携する 「HUBOT_SLACK_TOKEN=【slackのtoken】 ./bin/hubot –adapter slack」で実行すれば連携できる slack側で、botに「ping」と話しかけて「PONG」と返って来れば成功 (任意)いちいちトークンを指定して実行するのが面倒なのでスクリプト化しておく 次からはこのスクリプトを実行するだけでOK Botの開発 ping PONGだけしててもしょうがないので(他にもtimeなどデフォルトの機能はあるが) 何か簡単なスクリプトを書いてみる ※開発の仕方は公式のGithubを読むのが一番良さそう https://github.com/hubotio/hubot/blob/master/docs/scripting.md …

hubotをslackと連携させて動かす Read More »

DjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで)

DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)の続き 以下の記事を参考に進める How to Add Social Login to Django Twitter loginも実装する https://apps.twitter.com/から「Create New App」をクリック Callback URLには「http://0.0.0.0:8000/oauth/complete/twitter」と入力 PermissionsはRead-onlyとする Key and tokensタブより、Keyを取得する 備忘:コンテナログインのコマンド settings.pyに以下を追記する DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)の要領で変数を定義 login.htmlもちょっと追記 これでTwitter Loginも完成 http://0.0.0.0/login/:8000 facebookはssl化が必須みたいなので、一旦諦める、、 Login Security

Raspberry piで温度と湿度を測ってみる(DHT11)

最近、乾燥しているので、湿度を定期観測してみようと、 こちらを購入。 HiLetgo 3個セット DHT11温度センサー モジュール湿度センサーモジュール デュポンラインと付属 Arduinoと互換 &amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;gt;&amp;amp;lt;br /&amp;amp;gt;&amp;lt;br /&amp;gt;&lt;br /&gt;<br /> ちなみに3個セットのうち一つは壊れていた。 この値段だから、まいっか。 こちらの記事を参考に進める ラズパイでDHT11温湿度センサーを作動する まずはドライバのインストール Raspberry piのGPIOピンにザクザク刺していく +かVCCと書かれているピンは+5Vのピンへ、 -かGNDと書かれているピンはGNDのピンへ、 真ん中のDATA用のピンはIO用のピンへ刺す。 今回は18番を使う。 (図の「G」はGPIOという意味で書いて、特に意味はない) そして、先ほどインストールしたドライバと同じ階層にこちらのスクリプトを用意 ほぼ、参考にしたコードのまま すると、計測できなかったタイミングなのか、0がノイズになる 「if result.temperature != 0:」だけ追加して、0が出力されないようにする すると出力はこんな感じ もっといいやり方あったかもだけど、まあいっか 空気清浄機の湿度計温度計とほとんど一致していて、結構精度はいい気がする 最終的には、2つで監視して、整合性取れているか確認できるようにした

AndroidStudioインストールからadbコマンドが使えるようになるまで

初めてのAndroid買って真っ先にやったこと。Xcode入れる前にAndroidStudio入れちゃう。 インストール https://developer.android.com/studio/よりAndroidStudioをインストールする。 セットアップ Android Studioがインストールできたら起動して、セットアップ。 新しいプロジェクトを作成する 「Start a new Android Studio project」をクリックし、粛々と進める。 色々足りないようなので、エラーメッセージに従って、色々インストールする。 できた ADBコマンドを使えるようにする このままでは使えない状態 File > Other Settings > Default Project Structure よりパスを確認する ~/.bash_profileに「調べたパス+/platform-tools」を記載する(ファイルが無ければ作成する) ~/.bash_profileの読み込み これで使えるようになる

ubuntu on vagrantにMecab python環境構築

pyenv virtualenvの設定の続き Mecab環境を構築する。 UbuntuにMecabのインストール まずは、pythonに入れる前にUbuntuにMecabをインストール 確認 文字化けしてしまう。 以下の通り、utf8の辞書を入れることで解決した。 PythonへMecabをインストール pythonにMecabをインストールする できない。 と言われるので、その通りコマンドを入れる。 これでインストールできる vimの文字化けで困ったら vimの文字化けで困ったら以下参照 vimで日本語が文字化けする PythonでMecabを動かす 以下のようにエラーが出てきた。 以下の通り環境変数追記することで解決。 私の場合は、~/.bash_aliasesに記載する。 実行。

vimで日本語が文字化けする

vimで日本語が以下のように文字化けする場合の対処法。 catでは表示されるのに、vimで編集しようとすると文字化けする。 以下のように、~/.vimrcに設定を入れれば良い。

Ubuntu14にpyenvとPython3環境導入

サクッとamazon linuxにpyenvとpython3を導入にてAmazonLinuxにpythonを入れたが、 今回は、Vagrantで作成したVirtualbox上のUbuntu14のVMにpyenvとpython3を導入する。 ※vagrant環境のセットアップで作成したVM VMを起動する 起動したのでSSHでログイン 必要パッケージのインストール Amazon Linuxと同じパッケージでは入らない。 これでインストールできる。 pyenvのインストール 環境編集の記述 bash_profileなるものが見当たらない、、、 bashrcの中身を見ると、~/.bash_aliasesを作れば読み込んでくれそう なので、~/.bash_aliasesを作成して中に記載する 一度exitして再ログインすることで環境変数が読み込まれる pyenvでpython3のインストール pyenvのインストール&セットアップができたので、python3を入れる 確認 python3.5のインストール デフォルトを3.5に設定する 完了

macを買って真っ先にやったこと

macを買って真っ先にやったことメモ。 今回は、time machineから復旧せず、一からセットアップした。 zshの設定 まずはシェルの変更。いつもzshを使っていたのでbashから変更する。 シェルの確認 シェルの変更 この後Terminalを再起動する ~/.zshrcも作成して設定を色々記述する。 PROMPTの設定は以下にしている。 すると以下のようにプロンプトが表示される。 3本指ドラッグの有効化 地味に大事な設定。「accessibility」から設定する。 quotesの設定 これはもはや好みの問題だが、「”」ではなく、デフォルトで「”」となるように設定。 .vimrcの設定 ~/.vimrcも作成して、設定を記載する。 homebrewのインストール Macのパッケージ管理ツール。 https://brew.shにしたがって、インストールする。 ひとまずこれで始められる。

AmazonLinuxのSSL化対応

前回(WordPress(aws_bitnami)のssl対応)は、bitnamiのssl化だったが、今回は、Amazon LinuxのSSL化対応。手順はほとんど同じ。 以下の記事を参考にしました。 https://qiita.com/MashMorgan/items/56498f276c54406b1928 ※flaskサーバであるので、nginx/apacheなどは動いていない。 参考:FlaskのAPIサーバから取得した情報をHTML/Javascriptで表示する ※証明書を更新した時、flaskも再起動しないと最新の証明書が参照されないので、注意 参考:備忘:ログアウトしてもバックグランドでコマンドを実行し続ける Let’s Encryptのインストール 証明書はLet’s Encryptを使うので、Let’s Encryptをインストール 証明書作成 証明書を作ろうとすると、エラーがでる。 言われるがまま、デバッグモードで実行。IPアドレスでは作れないとのこと。 仕方ないので、Route53でドメイン購入。 参考Route53でドメイン購入 再トライするが新たなエラー AWSセキュリティグループで、ポート「80」と「443」を許可してみると次は成功! ssl化対応 mod24_sslをインストール ファイルを編集 nohupで実行していたflaskサーバを切っておく 実行 実行。以下の様なエラーが出た場合はファイルパスが間違っているので要確認する。 マッチしているかどうかは以下コマンドで確認できるとのこと 参考:Nginxコンテナに、Let’s EncryptでSSL証明書を自動更新で当てたい場合

openDCIMをインストールしてみた

ラックのExcel管理から脱出したい、というモチベーションから、フリーで使える、openDCIMをいじってみた。 こちらのサイトを参考に構築した オープンソースのデータセンター管理ツール『openDCIM』をインストールしてみた 使ったboxはこちら centos/6 boxを入れて、 sshで入る。(スーパーユーザになっておく) 必要なパッケージをインストール mysql起動 データベース作成とパスワード設定 ssl設定 ssl.confの書き換え ポート番号443を使いたいので、デフォルトは適当に5555としておく。 (自分の環境はDCIM専用なのでこれで良いですが、自身の環境に合わせてください) httpd.confの書き換え IPアドレスは自分の環境に合わせて書き換えてください。 必要なディレクトリファイルの作成 パスワード設定 openDCIMにログインするのに必要となる ネットワーク周り点検 ひとまず検証なので余計なことをしないように切っておく openDCIMをインストール openDCIM設定 DBのパスワードを入力 鍵問題 鍵が作られていなかった 対処 openDCIM設定 あとはブラウザからアクセスをして色々設定していく。 最後に以下の画面が現れるので、したがってinstall.phpを消す(今回は名前変更だけした) ここから使いこなすのが大変そう、、 (追記)使ってみた。 OpenDCIMを使ってみる VirtualboxのNetwork設定周りで困ったら、Oracle ZFS StorageをVirtualboxで動かすまで のネットワーク設定を参考に。 MySQLのエラーが出てきたらCan’t connect to local MySQL server through socket ‘/var/lib/mysql/mysql.sock’ と出た時を参考に。