Close
hubotをslackと連携させて動かす

hubotをslackと連携させて動かす

hubotをslackと連携させて動かす 準備 nodejsの環境構築は以下を参照ください nodenv環境の構築(Mac) Slack tokenの取得は以下から https://api.slack.com/apps インストール 「yo」「generator-hubot」という必要なモジュールをインストール 色々出力されるが、「Everything looks all right!」と最終的に表示されればOK インストールしたモジュールを使えるようにシェルの再起動をしておく ※何も表示されない Bot作成 yoを使ってBotを作成する 「May we anonymously report usage statistics to improve the tool over time?」はとりあえず「No」と回答 「Owner」「Bot name」「Description」は適当に、とりあえずデフォルトで回答 「Bot adapter」は「Slack」を指定 これでhubotを使えるようになったので動かしてみる 「bin/hubot」で実行し、「Enter」キーを押すと「【Bot name】>」とプロンプトに入るので 「【Bot name】 ping」と打ってみて「PONG」と返って来れば成功 プロンプトを抜けるには「exit」 Slack連携 作られたhubotをslackと連携する 「HUBOT_SLACK_TOKEN=【slackのtoken】 ./bin/hubot –adapter slack」で実行すれば連携できる slack側で、botに「ping」と話しかけて「PONG」と返って来れば成功 (任意)いちいちトークンを指定して実行するのが面倒なのでスクリプト化しておく 次からはこのスクリプトを実行するだけでOK Botの開発 ping PONGだけしててもしょうがないので(他にもtimeなどデフォルトの機能はあるが) 何か簡単なスクリプトを書いてみる ※開発の仕方は公式のGithubを読むのが一番良さそう https://github.com/hubotio/hubot/blob/master/docs/scripting.md…

DjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで)

DjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで)

DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)の続き 以下の記事を参考に進める How to Add Social Login to Django Twitter loginも実装する https://apps.twitter.com/から「Create New App」をクリック Callback URLには「http://0.0.0.0:8000/oauth/complete/twitter」と入力 PermissionsはRead-onlyとする Key and tokensタブより、Keyを取得する 備忘:コンテナログインのコマンド settings.pyに以下を追記する DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)の要領で変数を定義 login.htmlもちょっと追記 これでTwitter Loginも完成 http://0.0.0.0/login/:8000 facebookはssl化が必須みたいなので、一旦諦める、、 Login Security

Raspberry piで温度と湿度を測ってみる(DHT11)

Raspberry piで温度と湿度を測ってみる(DHT11)

最近、乾燥しているので、湿度を定期観測してみようと、 こちらを購入。 HiLetgo 3個セット DHT11温度センサー モジュール湿度センサーモジュール デュポンラインと付属 Arduinoと互換 &amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;lt;br /&amp;amp;amp;gt;&amp;amp;lt;br /&amp;amp;gt;&amp;lt;br /&amp;gt;&lt;br /&gt;<br /> ちなみに3個セットのうち一つは壊れていた。 この値段だから、まいっか。 こちらの記事を参考に進める ラズパイでDHT11温湿度センサーを作動する まずはドライバのインストール Raspberry piのGPIOピンにザクザク刺していく +かVCCと書かれているピンは+5Vのピンへ、 -かGNDと書かれているピンはGNDのピンへ、 真ん中のDATA用のピンはIO用のピンへ刺す。 今回は18番を使う。 (図の「G」はGPIOという意味で書いて、特に意味はない) そして、先ほどインストールしたドライバと同じ階層にこちらのスクリプトを用意 ほぼ、参考にしたコードのまま すると、計測できなかったタイミングなのか、0がノイズになる 「if result.temperature != 0:」だけ追加して、0が出力されないようにする すると出力はこんな感じ もっといいやり方あったかもだけど、まあいっか 空気清浄機の湿度計温度計とほとんど一致していて、結構精度はいい気がする 最終的には、2つで監視して、整合性取れているか確認できるようにした

AndroidStudioインストールからadbコマンドが使えるようになるまで

初めてのAndroid買って真っ先にやったこと。Xcode入れる前にAndroidStudio入れちゃう。 インストール https://developer.android.com/studio/よりAndroidStudioをインストールする。 セットアップ Android Studioがインストールできたら起動して、セットアップ。 新しいプロジェクトを作成する 「Start a new Android Studio project」をクリックし、粛々と進める。 色々足りないようなので、エラーメッセージに従って、色々インストールする。 できた ADBコマンドを使えるようにする このままでは使えない状態 File > Other Settings > Default Project Structure よりパスを確認する ~/.bash_profileに「調べたパス+/platform-tools」を記載する(ファイルが無ければ作成する) ~/.bash_profileの読み込み これで使えるようになる

ubuntu on vagrantにMecab python環境構築

pyenv virtualenvの設定の続き Mecab環境を構築する。 UbuntuにMecabのインストール まずは、pythonに入れる前にUbuntuにMecabをインストール 確認 文字化けしてしまう。 以下の通り、utf8の辞書を入れることで解決した。 PythonへMecabをインストール pythonにMecabをインストールする できない。 と言われるので、その通りコマンドを入れる。 これでインストールできる vimの文字化けで困ったら vimの文字化けで困ったら以下参照 vimで日本語が文字化けする PythonでMecabを動かす 以下のようにエラーが出てきた。 以下の通り環境変数追記することで解決。 私の場合は、~/.bash_aliasesに記載する。 実行。