GAS(GoogleAppsScript)からシンプルにAPIを叩く方法(Twitter API) | www.yoshiislandblog.net

GAS(GoogleAppsScript)からシンプルにAPIを叩く方法(Twitter API)

GAS(GoogleAppsScript)からシンプルにAPIを叩く方法(Twitter API)

文系には難しい記事が多いので、なるべくシンプルに書いてみる

試しに使うのは Twitter API

ーーーーーーー
※前提として、こちらのページからtwitter appを作ることが必要
https://developer.twitter.com/apps

Appを作ったら、Consumer API keys(API key、API secret key )を入手して、Base64でエンコードしてください

詳細のやり方は以下が参考になる
Twitter APIのOAuthToken取得方法

ーーーーーーー

まず、TwitterのAPIを叩くためにTokenをもらってくる
Curlで叩くとこんな感じ
【】の中は適宜変更してください

% curl --request 'POST' \ 
-H 'Authorization:Basic 【"twitter_api_key:twitter_api_secret" encoded with base64】' \
-d 'grant_type=client_credentials' \
https://api.twitter.com/oauth2/token                                         

叩くとtokenが返ってくる

{"token_type":"bearer","access_token":"【token】"}  

これと同じことをGASでやってみるとこんな感じ

function myFunction(){

  // endpointのurlを定義するよ  
  var url = "https://api.twitter.com/oauth2/token";
  
  
  // endpointに送るためのoptionsを作るよ
  var scriptProperties = PropertiesService.getScriptProperties().getProperties();
  var key = scriptProperties["twitter_api_key"];
  var secret = scriptProperties["twitter_api_secret"];
  var credentials = Utilities.base64Encode(key + ":" + secret) // base64にencode

  var options = {
    headers : {
        "Authorization": "Basic " + credentials
      },
    method: "post",
    payload: "grant_type=client_credentials",
    muteHttpExceptions : true  // error回避用
  };
  
  
  // endpointにoptionsを送るよ(実際にAPIを叩いているところ)
  var response = UrlFetchApp.fetch(url,options);
  
  // 返ってきたデータを見やすくするよ
  var data = JSON.parse(response.getContentText()); 
  
  // ログに結果を出すよ
  Logger.log(data);
  
  // おまじない
  return data;
}

UrlFetchApp.fetch(url,options)で、end pointのURLと、認証情報などのOptionsを送る
結果も帰ってきている

もちろん、上で得たtokenを使ってAPI叩くときも同じようにやる
GET statuses/user_timeline

curlはこちら
試しにホリエモンさんのアカウントを使う

curl --request 'GET' \
-H 'Authorization':'Bearer 【token】' \
'https://api.twitter.com/1.1/statuses/user_timeline.json?screen_name=takapon_jp&count=3'

GASにするとこうなる
今回getなのでpayloadはなし

function getTweets(){
  var token = getToken(); // 先ほどゲットしたtoken
  
  
  // endpointのurlを定義するよ  
  var url = "https://api.twitter.com/1.1/statuses/user_timeline.json?screen_name=takapon_jp&count=3"
 
  var options = {
    headers : {
        "Authorization": "Bearer " + token
      },
    method: "get",
    payload: "",
    muteHttpExceptions : true  // error回避用
  };
  
  
  // endpointにoptionsを送るよ(実際にAPIを叩いているところ)
  var response = UrlFetchApp.fetch(url,options);
  
  // 返ってきたデータを見やすくするよ
  var data = JSON.parse(response.getContentText());
  
  // ログに結果を出すよ
  Logger.log(data[0]["text"]); // とりあえず一つ目のtweetsを拾う
  
  // おまじない
  return data; 
}

結果も出てきている

%d bloggers like this: