Month: August 2019

Virtualbox上のCentos6のGUIをいい感じに操作するためにVBoxLinuxAdditionsを入れる

CentOS6でGUI操作ができるようにするの続き Virtualbox上のCentos6のGUIをいい感じに操作するために VBoxLinuxAdditionsを入れる この辺りの記事を参考にさせていただきました macでVirtualBoxのguest additionsを有効にする LinuxにVirtualBox Guest Additionsを入れる方法まとめ【Ubuntu・Mint・Debian・CentOS・Fedora】 問題おさらい 問題がこちら とてもわかりずらいが、小さくてGUI操作がしづらい、、 事前準備 まずは必要なものを入れておく VBoxLinuxAdditions入手 そして肝心のVBoxLinuxAdditionsを入手する これがどこにあるのかなかなか調べられなかったが、Virtualboxのダウンロードページにあった https://www.virtualbox.org/wiki/Download_Old_Builds_6_0 該当VurtualBox Versionの「Extension Pack」と言うものをダウンロードする VBoxLinuxAdditionsをVirtualboxで使えるようにする ダウンロードしたVBoxLinuxAdditionsを Virtualboxで使えるようにする Virtualboxを開いて 「Preferences」>「Extensions」>『+』の順にクリック 先ほどダウンロードしたVBoxLinuxAdditionsを選んで追加 VBoxGuestAdditions.isoをマウント VBoxGuestAdditions.isoが使えるようになったので 問題のVMにマウントする Virtualboxの設定から 「Devices」>「Insert Guest Additions CD Image…」の順にクリック エラーにぶち当たる 一回電源切って、optical drivesを追加する ※理由は不明ですが、前の「Devices」>「Insert Guest Additions CD Image…」>エラーを踏まずに、いきなり追加をしようとすると何もディスクが表示されませんでした 電源が落ちたらVM選択し「Settihngs」をクリック 「Storage」>「+」>「Add Optical Drive」  の順でクリック VBoxGuestAdditions.isoを選択 追加できたら、「Live CD/DVD」にチェックを入れておく ここまでできたらVMを起動 まだコマンドラインが立ち上がってきたら「startx」を打ってGUIを立ち上げる なんかいる! …

Virtualbox上のCentos6のGUIをいい感じに操作するためにVBoxLinuxAdditionsを入れる Read More »

CentOS6でGUI操作ができるようにする

CentOS6でGUI操作ができるようにする 使っているのはこちらのbox ごく普通のCentOS6と思っていただければOKです boxes/6 ※box? Vagrant?が気になる方はこちらをご参照ください vagrant環境のセットアップ 必要なものをインストールして これだけでGUI環境が立ち上がる ただ、これだけでは画面が小さすぎるので、快適にGUI操作をするにはVBoxLinuxAdditionsとやらを入れる必要がある 詳細は次の記事をご参照ください Virtualbox上のCentos6のGUIをいい感じに操作するためにVBoxLinuxAdditionsを入れる

突然Vagrantが使えなくなった

MacOSを10.14.5にアップデートしたらVagrantが使えなくなった なので Vagrantを新しいVersionに入れ直したら 変なメッセージが出てきた Virtualbox入っているのに、、、 Virtualboxを最新の6.0.10にしてもうまくいかず、、 色々試行錯誤した結果、以下の組み合わせでうまく行った ヨカッタヨカッタ

AWSクーポンコードを貰ったので適用する

とでもどうでも良い話だが そういえば、先日のAWS SummitでAWSのクーポンコードを頂いていたので 適用した 適用する方法は 「Service」>「Billing」>「Credits」でいける やった!