Wordpress.comからWordpress on AWSへのお引越し | www.yoshiislandblog.net

WordPress.comからWordPress on AWSへのお引越し

wordpress.comではjavascriptが動かせないことがなかなかのストレスだったため、ドメイン購入してAWSにお引越しした。

EC2インスタンス構築

移行先Wordpressが載っているインスタンスを作成する

AWS consoleから、「インスタンス」>「インスタンスの作成」をクリック。

Marketplaceにwordpressで調べたらドンピシャのものがあったので、一番上の「WordPress Certified by Bitnami」を選択する。

色々と価格のことが出てくるが、ビビらずに「Continue」。

もちろん無料のインスタンスタイプ「t2.micro」を選択すして、作成。

公式サイトでは、「キーペアなしで実行」と書いてあるが、個人的にログインはしたいので、「既存のキーペアを選択」。

キーペアが無ければ、「EC2」>「ネットワーク&セキュリティ」>「キーペア」>「キーペアの作成」から作成しておく。

しばらくするとインスタンスが立ち上がってくる。「インスタンスのステータス」が「running」になればOK。

自分はいくつかインスタンスがあるので、識別のために名前を「wordpress」とつけておく。

あと、「プライベートIP」のアドレスを確認しておく。

ElasticIP設定

再起動すると、インスタンスのIPは変わってしまう。DNS登録することを考えてElasticIPでIPを固定する。

「ElasticIP」>「新しいアドレスの割り当て」より、ElasticIPを作成する。(詳細キャプチャはし損ねたのでよしなに。)

できたElasticIPのラジオボタンを選択し、「アクション」>「アドレスの関連付け」をクリック。

先ほど作成したインスタンスと、プライベートIPを選択し、関連付ける。

そうすると、先ほどのEC2のインスタンスの「ElasticIP」の値に関連付けたIPの値が入るようになる。

ElasticIPにブラウザアクセスすると、Wordpressの初期画面(Hello World)が見える。

ログイン確認

GUIログイン

「http:///admin/」でWordpressの管理画面へのログイン画面にアクセスすることができる。

ユーザー名とパスワードを調べる。

AWS consoleの画面へ戻り、EC2画面で作成したインスタンスのラジオボタンを選択する。

「アクション」>「インスタンスの設定」>「システムろぐの取得」を選択。

ログ画面が現れるので、下にスクロール。アスタリスクに囲まれた部分に、ユーザー名とパスワードが書かれているので記録する。

先ほどのWordpressのログイン画面に、取得したユーザー名とパスワードを入力すれば、管理画面へログインができる。

CLIログイン

不要かもしれないが、念のためCLIログインんができることも確認しておく。

% chmod 400 wordpress_admin.pem
% ssh -i wordpress_admin.pem bitnami@<ElasticIP>
Welcome to Ubuntu 16.04.3 LTS (GNU/Linux 4.4.0-1050-aws x86_64)
*** System restart required ***
___ _ _ _
| _ |_) |_ _ _ __ _ _ __ (_)
| _ \ | _| ' \/ _` | ' \| |
|___/_|\__|_|_|\__,_|_|_|_|_|

*** Welcome to the Bitnami WordPress 4.9.4-2 ***
*** Documentation: https://docs.bitnami.com/aws/apps/wordpress/ ***
*** https://docs.bitnami.com/aws/ ***
*** Bitnami Forums: https://community.bitnami.com/ ***
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.

bitnami@ip-<ElasticIP>:~$

WordPress.comからWordpressへデータ移行

これはいつやっても良いのだが、このタイミングで実施。

WordPress.comの方からxmlファイルをエクスポート

「Tools」>「Import」>「Wordpress」からImporterを実行

Route53でドメイン購入

URLがIPでは心許ないので、思い切ってドメインAWSで購入する。※有料となります。

「Route53」>「Hosted zones」>「Create Hosted Zone」をクリック。

指示にしたがって、希望のドメインを購入すると、「Registered domains」に購入したドメインが現れる。(数分時間がかかります。)

Route53設定(ElasticIPとドメインの紐付け)

先ほど購入したドメインと、ElasticIPを紐付ける。

「Hosted zones」から、入手したドメインを選択すると、「Hosted Zone Details」が確認できる。

ドメイン名をダブルクリックすると、DNSレコードの画面に飛ぶので、「Create Record set」をクリック。

右側に「Create Record Set」の画面が現れるので、「Name」には「www」、「Type」は「A-IPv4 address」、「Value」にはElasticIPを入力し、「Create」をクリック。

レコードが追加される。

これで、晴れてWordpressに、ドメイン名でアクセスすることができるようになる。

 

(おまけ)Twitter連携

おまけで、WP to Twitterの設定。ポストを投稿すると、Twitterに自動で投稿されるようにする。

※事前にPluginで入れておく必要があります。

twitterから、API Key、API Secret、Access Token、Access Token Secretを取得。

WP to Twitterの方に入力して連携する。

%d bloggers like this: