Month: April 2018

Let’s Encryptの証明書を更新する(Bitnami on AWS)

※20200927更新 こちらの新しい記事も参照ください WordPressのSSL化 Let’s Encryptの証明書を更新する(EC2)に続いて、Bitnamiの方も更新してみる(dry-run) 期限の確認方法はこちら Let’s Encryptの期限をもっと簡単に確認する port 80について”Could not bind to IPv4 or IPv6″と言われるので、「80 ::/0」を通信ルールに追加。 まだ治らない。 どうもapacheが起動しているとうまくいかないらしいので、ストップしてからトライ。 今度は成功した。 忘れずに起動しておく。 参考: Nginxコンテナに、Let’s EncryptでSSL証明書を自動更新で当てたい場合 Letsencryptを更新しようとしたら例の「Problem binding to port 80」が出現する

WordPress bitnami on AWSでfaviconを変更する

※20201001 Update: こちらの記事も参照ください PHPが古くなったのでWordPressの移行をする(4)〜おすすめPluginと事後設定〜 ※20200209 Update: 推奨の方法はこちら wordpressでfaviconがうまく表示されない Ad Inserterを入れた後に、faviconが、ホーム画面以外はbitnamiのデフォルトに戻ってしまうという現象が起きたため、icoファイルを差し替えてみる。 それっぽいファイルを検索するといくつかファイルがヒットする。 ローカルに持ってきて中身の画像を確認する。 中身は以下の通りだった。 file path ico   /opt/bitnami/apache2/htdocs/favicon.ico      /opt/bitnami/apps/bitnami/banner/htdocs/favicon.ico      /opt/bitnami/apps/phpmyadmin/htdocs/favicon.ico      /opt/bitnami/apps/phpmyadmin/htdocs/themes/pmahomme/img/pmd/favicon.ico    http://favicon.il.ly/でfavicon作成。 絶対推奨の方法ではないが、先ほど見つけた画像を作成したfaviconと入れ替える。 apache再起動。 しばらくたつと直った。 ーーーーーー ※20200209 Update: 推奨の方法はこちら wordpressでfaviconがうまく表示されない

Let’s Encryptの証明書を更新する(EC2)

期限の確認方法はこちら Let’s Encryptの期限をもっと簡単に確認する 証明書の期限の確認は、firefoxだとこのあたりから確認できる。 更新は、以下のコマンドからできる。 今回はまだ期限ではないので「–dry-run」オプションで動作確認のみ実施する。 期限まで日数があると更新されないので「–force-renew」オプションをつける。 いきなりエラー、いろいろモジュールが足りないと言われる。 pipでコツコツ入れるものの、エラーが変わらない。 以下を実施でエラーが変わった そっか、Let’s Encryptで使っているpipは別のpipだったんだ。 この調子で、OpenSSLもインストール。 次は、ceyptographyらしい。 あれ、インストールしたのに無いと言われる。 なぜかわからないが、sudoをつけることで解決。 次はinterface これで成功