DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで) | www.yoshiislandblog.net

DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)

DjangoでSNSログイン機能を実装させる2(Githubログイン機能実装まで)の続き

お気づきと思いますが、このままではkeyがsettings.pyにベタが記されているので、以下記事を参考にdecoupleで別ファイルから呼び出すようにする

How to Use Python Decouple

備忘:コンテナログインのコマンド
% docker exec -it mysite_web_1 bash

必要モジュールのインストール

# pip install python-decouple

.envファイルを作成し、keyを定義する
このファイルは安全に保管するべきなので、.gitignoreに記載するなどして、gitにpushしないようにする

% vim mysite/.env
% cat mysite/.env
SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY = '【Client ID】'
SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET = '【Client Secret】'

settings.pyの方は以下のように変更する

% vim mysite/settings.py
% diff mysite/settings.py mysite/settings.py.20190210_9
14,15d13
< from decouple import config
<
153,154c151,152
< SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY = config('SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY')
< SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET = config('SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET')
---
> SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY = '【Client ID】'
> SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET = '【Client Secret】'

続きはDjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで)

%d bloggers like this: