DjangoでSNSログイン機能を実装させる3(decoupleでKeyを安全保管するまで)

公開日:2019-02-12 更新日:2020-10-02

django GitHub Linux Mac

t f B! P L
DjangoでSNSログイン機能を実装させる2(Githubログイン機能実装まで)の続き

お気づきと思いますが、このままではkeyがsettings.pyにベタが記されているので、以下記事を参考にdecoupleで別ファイルから呼び出すようにする

How to Use Python Decouple

備忘:コンテナログインのコマンド
% docker exec -it mysite_web_1 bash

必要モジュールのインストール

# pip install python-decouple

.envファイルを作成し、keyを定義する
このファイルは安全に保管するべきなので、.gitignoreに記載するなどして、gitにpushしないようにする

% vim mysite/.env
% cat mysite/.env
SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY = '【Client ID】'
SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET = '【Client Secret】'

settings.pyの方は以下のように変更する

% vim mysite/settings.py
% diff mysite/settings.py mysite/settings.py.20190210_9
14,15d13
< from decouple import config
<
153,154c151,152
< SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY = config('SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY')
< SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET = config('SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET')
---
> SOCIAL_AUTH_GITHUB_KEY = '【Client ID】'
> SOCIAL_AUTH_GITHUB_SECRET = '【Client Secret】'

続きはDjangoでSNSログイン機能を実装させる4(TwitterLogin実装まで)

About me

ゆかき(♀)

駆け出しインフラエンジニア
"技術力と画力と文章力をあげたい"

営業職からSEへ転身した人
#AP応用情報 #HTML5Lv1 #第2種電気工事士 #DCP(Data Center Practitioner) #LPIC Lv2 #VCP6.5 #CCNP #Oracle Bronze #HSKLv5 #TOEIC860

Line stamp

僭越ながら販売中

Green cat & Orange cat

Amazon