Close

PythonのClassとConstractorとMethodをざっくり理解する

PythonのClassとConstractorとMethodをざっくり理解する ※Python3.5.0前提で記載 用語整理 Class(クラス):設計書 Constractor(コンストラクター):Classが作られるときに最初に実行されるやつ Method(メソッド):Classの機能 白紙のClass(設計書)を用意する ここからは実際にClassとやらを用意する Classの枠はこれだけ 今回は「Human」というClassにした Class(設計書)の中身を書いていく 白紙設計書では意味がないので、この中に色々内容を書いていく Classの中には、いくつか機能(Method)が書かれている Methodは「def」という接頭語?で記載する 今回は「Human」クラスに、「laugh」と「walk」という機能を用意した 「init」という名前のMethodは、Classが作られた絶対実行されること。 これは、特別に「Constractor」と呼ばれる 変数の定義などがよく書かれる 何でinitなの?とかはよくわからん、そう決まってる(雑) その他の任意の名前で書かれているMethod(例えば上の例では「laugh」と「walk」) は、 呼び出されたら使われる機能 「def」から始まる塊について「class」の外で使われたいたら 「function(関数)」と呼ばれる。紛らわしい、、、 参考:pythonの中でよくみる「def」から始まる塊について、用語が紛らわしいので整理する 設計書の全容は以下 Class(設計書)からもの(Instance)を作って動かす 設計書が書けたので、設計書から「もの」を作って、機能を使ってみる できたものを「Instance(インスタンス)」と呼ぶ 何もなければ、Humanクラスはこれだけで作成できる ただ今回は、色々パラメータを使う前提で「Class」を書いているので、こんな感じで作成する パラメータを使う前提で、、というのはこの部分のこと 更に、「Human」Classから作成したオプジェクト(以下の例では「taro」 と定義)から各機能を使うには、 「taro.【機能名】」と記載する こんな感じ 実行結果 今回Classを作成して実行したコード全容は以下 実行結果はこうなる