WordPressのモバイルビューでサイドバーを投稿記事の上下に表示する

※2020/07/03追記
後日談はこちら
WordPressのモバイルビューでサイドバーを投稿記事の上下に表示する(追記版)


やりたいこと

やりたいことはタイトルの通りだが、少しわかりにくいので図で表すと以下のイメージ

パソコンでは右側に表示されるサイドバーを、
モバイルでは、上下二つに分けて、投稿記事サマリを挟む形で上下に表示する

手順は、「【1】サイドバーの定義」「【2】サイドバーの表示」「【3】モバイルビューでの表示位置決め」の3ステップ

※前提知識として、テンプレートファイルの編集方法は、以下の記事の「テンプレートファイルの編集方法」を参照ください
参考:WordPressのモバイルビューで、ブログ投稿のサマリを表示しないようにする

【1】サイドバーを2つ定義する(register_sidebar)

サイドバーの定義

まずは、サイドバーを定義する
「function.php」に以下のように記載

/**
 * Register widget area.
 *
 * @link http://codex.wordpress.org/Function_Reference/register_sidebar
 */
function nucleare_widgets_init() {
	register_sidebar( array(
		'name'          => esc_html__( 'sidebar-1', 'nucleare' ),
		'id'            => 'sidebar-1',
		'description'   => '',
		'before_widget' => '<aside id="%1$s" class="widget %2$s">',
		'after_widget'  => '</aside>',
		'before_title'  => '<div class="widget-title"><h2><span>',
		'after_title'   => '</span></h2></div>',
	) );
	
	register_sidebar( array(
		'name'          => esc_html__( 'sidebar-2', 'nucleare' ),
		'id'            => 'sidebar-2',
		'description'   => '',
		'before_widget' => '<aside id="%1$s" class="widget %2$s">',
		'after_widget'  => '</aside>',
		'before_title'  => '<div class="widget-title"><h2><span>',
		'after_title'   => '</span></h2></div>',
	) );
}
add_action( 'widgets_init', 'nucleare_widgets_init' );

サイドバーが既にテンプレートにある場合は、元々定義されているサイドバー定義があるはずなので、追記だけでなく、適宜名前など変更する

今回私は、二つサイドバーを作りたかったので、元々あるサイドバーを「sidebar-1」として、追加のサイドバーを「sidebar-2」として定義した

サイドバーのWidgetsの編集

サイドバーを定義すると、「Appearance」>「Widgets」の編集画面で、定義したサイドバーの枠が追加され、Widgetsが編集できるようになるので、
お好きなWidgetsをお好きな場所にドラッグ&ドロップで配置する

参考:関数リファレンス/register_sidebar

【2】ページにサイドバーを表示する(get_sidebar)

サイドバーファイルの作成

サイドバーを定義しただけでは、ページに表示されないので、
定義したサイドパーを、各ページに表示させる

まずは、定義さサイドバーのphpファイルをそれぞれ作成する
ファイルの作成はGUIではできないので、直接サーバに入って作成する必要がある

※私の環境(Bitnami)では、「/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content/themes/【テンプレート名】」配下に必要なファイルが格納されている
※今回私が使っているのは「nucleare」というテンプレートなので、適宜各環境に置き換えてお考えください

元々、「sidebar.php」というファイルがあるので、このファイルを参考に「sidebar-1.php」「sidebar-2.php」のファイルを作成する

$ cd /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-content/themes/nucleare/
$ sudo cp sidebar.php sidebar-1.php
$ sudo cp sidebar.php sidebar-2.php
$ sudo mv sidebar.php ~/sidebar.php.20200426

中身はそれぞれこんな感じ

$ cat sidebar-1.php
<?php
/**
 * sidebar-1のサイドバーがアクティブかを確認する
 */
if ( ! is_active_sidebar( 'sidebar-1' ) ) {
	return;
}

?>

<div id="secondary" class="widget-area"><!-- widget-areaのidを「secondary」として定義 -->
	<?php dynamic_sidebar( 'sidebar-1' ); ?><!-- sidebar-1をwidget-areaのsecondaryに入れる -->
</div><!-- #secondary -->
$ cat sidebar-2.php
<?php
/**
 * sidebar-2のサイドバーがアクティブかを確認する
 */
if ( ! is_active_sidebar( 'sidebar-2' ) ) {
	return;
}

?>

<div id="thirdry" class="widget-area"><!-- widget-areaのidを「thirdry」として定義 -->
	<?php dynamic_sidebar( 'sidebar-2' ); ?><!-- sidebar-2をwidget-areaのthirdryに入れる -->
</div><!-- #thirdry -->

サイドバーを各ページに表示する

先ほど作成したサイドバーのファイルを、各ページのファイルから呼び出すことで、
サイドバーが各ページに表示されるようにする

表示するには、以下の文言を各ページファイルに追記する
「get_sidebar(‘1’)」の「1」は、サイドバーファイルのタイトル「sidebar-1.php」のハイフンより後(1)を指定することで呼び出すことができる

<?php get_sidebar('1'); ?>
<?php get_sidebar('2'); ?>

私は、どのページにもサイドバーを表示させたいので、以下ファイルに文言を追記した

index.php
single.php
search.php
page.php
archive.php

参考:関数リファレンス/get_sidebar

【3】モバイルでのサイドバーの表示位置を定義する

最後に、モバイルビューの場合の表示位置を定義する
「style.css」に以下を追記する

@media screen and (max-width: 985px) {
    .site-content {
		display: -webkit-box;
		display: -moz-box;
		display: -ms-flexbox;
		display: -webkit-flex;
		display: flex;
		-webkit-flex-flow: row wrap;
		flex-flow: row wrap;
 	}
	
	#secondary {
		-webkit-box-ordinal-group: 1;
		-moz-box-ordinal-group: 1;
		-ms-flex-order: 1;
		-webkit-order: 1;
		order: 1;
	}
	
	.content-area {
		-webkit-box-ordinal-group: 2;
		-moz-box-ordinal-group: 2;
		-ms-flex-order: 2;
		-webkit-order: 2;
		order: 2;
	}
    
	#thirdry {
		-webkit-box-ordinal-group: 3;
		-moz-box-ordinal-group: 3;
		-ms-flex-order: 3;
		-webkit-order: 3;
		order: 3;
	}
}

「.site-content」で枠を定義
「secondary(sidebar-1)」→「.content-area(ブログ投稿)」→「thirdry(sidebar-2)」の順番で表示させたいので、上から1、2、3と番号を振る

「-webkit-box-ordinal-group」や「-moz-box-ordinal-group」など色々な表現で記載されているのは、表示されるブラウザによって定義の方法が異なるため
なので、なるべく種類多めに記載しておく

これで、晴れて、モバイル(max-width: 985px)では「sidebar-1」→「ブログ投稿」→「sidebar-2」と表示されるようになる

以上


※2020/07/03追記
後日談はこちら
WordPressのモバイルビューでサイドバーを投稿記事の上下に表示する(追記版)