yoshiislandblog.net
駆け出しアラサーSEが、休日にMACと戯れた際の殴り書きメモ。日々勉強。日々進歩。

Categories

自作ツールなど

2000年からの脱出

WordPressテンプレ「QooQ」で「アリティクスのトラッキングID」と「サーチコンソールHTMLタグ」を指定する

2021-01-11

日本語のレスポンシブデザインに強いと聞いて、「QooQ」というテンプレートをブログに適用した

QooQをカスタマイズする際に、「アリティクスのトラッキングID」と「サーチコンソールHTMLタグ」を指定する必要があったので、それぞれの情報を入手した方法についてメモ

参考:Bloggerに手持ちのテンプレートを適用する(QooQ)
参考:WordPressに手持ちのテンプレートを適用する(QooQ)


  1. 準備
  2. 「アリティクスのトラッキングID」入手
  3. 「サーチコンソールHTMLタグ」入手

準備

「Appearance」>「Customize」>「各種設定」をクリックし、「アリティクスのトラッキングID」と「サーチコンソールHTMLタグ」を指定する箇所があることを確認する

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

「アリティクスのトラッキングID」入手

Google Analytics」のページに移動し、「プロパティ設定」をクリック

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

「トラッキングID」をコピー

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

WordPressの「各種設定」ページに戻り、コピーした「トラッキングID」を「アリティクスのトラッキングID」欄にペーストする

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

「サーチコンソールHTMLタグ」入手

Google Search Console」のページに移動
紐付けがまだだと、「Verify ownership」という画面が出てくるので、「HTML tag」のタブを展開する

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

出てくるタグの「content=”〇〇”」の「〇〇の部分だけ」(※”は含めない)をコピー

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

WordPressの「各種設定」ページに戻り、コピーしたタグを「サーチコンソールHTMLタグ」欄にペーストし、「Publish」をクリック

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

再びGoogle Search Consoleの画面に戻り、「Ownership verified」と表示されていれば成功
「Done」を押して終了する

wordpress_qooq_google_analytics_search_console

以上。