備忘メモ:「.zshrc」の中身

公開日:2021-01-11 更新日:2021-01-11

Linux

t f B! P L

「.zshrc」の中身についてバックアップメモ

色々参考にできそうなサイトを探して、「zshrc_useful.sh」が素晴らしかったので、
ほぼほぼ「zshrc_useful.sh」のままで、使いながら少し追記しました。

参考:zshrc_useful.sh

% cat ~/.zshrc
# License : MIT
# http://mollifier.mit-license.org/

########################################
# 環境変数
export LANG=ja_JP.UTF-8

# 色を使用出来るようにする
autoload -Uz colors
colors

# emacs 風キーバインドにする
bindkey -e

# ヒストリの設定
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=1000000
SAVEHIST=1000000

# プロンプト
# 1行表示
# PROMPT="%~ %# "
# 2行表示
PROMPT="%{${fg[green]}%}[%n@%DT%*]%{${reset_color}%} %~
%# "

# 単語の区切り文字を指定する
autoload -Uz select-word-style
select-word-style default
# ここで指定した文字は単語区切りとみなされる
# / も区切りと扱うので、^W でディレクトリ1つ分を削除できる
zstyle ':zle:*' word-chars " /=;@:{},|"
zstyle ':zle:*' word-style unspecified

########################################
# 補完
# 補完機能を有効にする
autoload -Uz compinit
compinit

# 補完で小文字でも大文字にマッチさせる
zstyle ':completion:*' matcher-list 'm:{a-z}={A-Z}'

# ../ の後は今いるディレクトリを補完しない
zstyle ':completion:*' ignore-parents parent pwd ..

# sudo の後ろでコマンド名を補完する
zstyle ':completion:*:sudo:*' command-path /usr/local/sbin /usr/local/bin \
                   /usr/sbin /usr/bin /sbin /bin /usr/X11R6/bin

# ps コマンドのプロセス名補完
zstyle ':completion:*:processes' command 'ps x -o pid,s,args'

########################################
# vcs_info
autoload -Uz vcs_info
autoload -Uz add-zsh-hook

zstyle ':vcs_info:*' formats '%F{green}(%s)-[%b]%f'
zstyle ':vcs_info:*' actionformats '%F{red}(%s)-[%b|%a]%f'

function _update_vcs_info_msg() {
    LANG=en_US.UTF-8 vcs_info
    RPROMPT="${vcs_info_msg_0_}"
}
add-zsh-hook precmd _update_vcs_info_msg

########################################
# オプション
# 日本語ファイル名を表示可能にする
setopt print_eight_bit

# beep を無効にする
setopt no_beep

# フローコントロールを無効にする
setopt no_flow_control

# Ctrl+Dでzshを終了しない
setopt ignore_eof

# '#' 以降をコメントとして扱う
setopt interactive_comments

# ディレクトリ名だけでcdする
setopt auto_cd

# cd したら自動的にpushdする
setopt auto_pushd
# 重複したディレクトリを追加しない
setopt pushd_ignore_dups

# 同時に起動したzshの間でヒストリを共有する
setopt share_history

# 同じコマンドをヒストリに残さない
setopt hist_ignore_all_dups

# スペースから始まるコマンド行はヒストリに残さない
setopt hist_ignore_space

# ヒストリに保存するときに余分なスペースを削除する
setopt hist_reduce_blanks

# 高機能なワイルドカード展開を使用する
setopt extended_glob

########################################
# キーバインド

# ^R で履歴検索をするときに * でワイルドカードを使用出来るようにする
bindkey '^R' history-incremental-pattern-search-backward

########################################
# エイリアス

alias la='ls -a'
alias ll='ls -lia'

alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'

alias mkdir='mkdir -p'

# sudo の後のコマンドでエイリアスを有効にする
alias sudo='sudo '

# グローバルエイリアス
alias -g L='| less'
alias -g G='| grep'

# C で標準出力をクリップボードにコピーする
# mollifier delta blog : http://mollifier.hatenablog.com/entry/20100317/p1
if which pbcopy >/dev/null 2>&1 ; then
    # Mac
    alias -g C='| pbcopy'
elif which xsel >/dev/null 2>&1 ; then
    # Linux
    alias -g C='| xsel --input --clipboard'
elif which putclip >/dev/null 2>&1 ; then
    # Cygwin
    alias -g C='| putclip'
fi

########################################
# OS 別の設定
case ${OSTYPE} in
    darwin*)
        #Mac用の設定
        export CLICOLOR=1
        alias ls='ls -G -F'
        ;;
    linux*)
        #Linux用の設定
        alias ls='ls -F --color=auto'
        ;;
esac

# vim:set ft=zsh:

########################################
# golangの設定
export GOPATH=$HOME/go
export GOBIN=$GOPATH/bin
export PATH="$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin:$GOBIN"

########################################
## Set path for pyenv
export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"
if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then
    export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
    eval "$(pyenv init -)"
    eval "$(pyenv virtualenv-init -)"
fi

########################################
## Set path for nodenv
export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH"
eval "$(nodenv init -)"

About me

ゆかき(♀)

アラサー駆け出しインフラエンジニア
ど文系営業からSEへ転身し日々奮闘している人

一児の母

#AP応用情報 #HTML5Lv1 #第2種電気工事士 #DCP(Data Center Practitioner) #LPIC Lv2 #VCP6.5 #CCNP #Oracle Bronze #HSKLv5 #TOEIC860

Media

こちらのイベントで記事紹介いただいていた、嬉しい。

Line stamp

僭越ながら販売中

Green cat & Orange cat

Amazon