Markdownでプレゼンテーションが作れる「fusuma」を触ってみた

公開日:2021-02-13 更新日:2021-02-13

Fusuma Mac Markdown Nodejs

t f B! P L

Markdownでプレゼンテーションが作れるという「fusuma」というツールを使ってみた
よくメモをMarkdownで書くので、そのままスライドを作れたら便利だなと予想

参考:fusuma

まずはインストール
-Dもつけておく

% npm install -g fusuma -D

インストールが終わったら、ワークディレクトリで「init」
必要なファイルを自動作成

% npx fusuma init

こんな感じでファイルが作成される

% tree -a
.
├── .fusumarc.yml
├── .github
│   └── workflows
│       └── fusuma.yml
├── slides
│   └── 0-title.md
└── style.css

※ここで、「assets/style 」が落ちてきてないことに気づいたので、手動でGithubから「gitclone」で落としておく

% ls ../../.nodenv/versions/12.12.0/lib/node_modules/fusuma/assets/style/
canvas.css          grid.css            table.css           variables.css
code.css            host.css            tags.css            view.css
customize.css       root.css            themes/
executableCode.css  sidebar.css         typography.css

スタートは以下のコマンド
自動的にブラウザが開くが、開かなければ「http://localhost:8080/」にアクセスする

% npx fusuma start

最初はサンプルスライドが表示されると思うが、
こんな感じで、左下の三本線を押すとサイドバーも出てきていい感じ

20210213_fusuma

今回はこんな感じでファイルを作成

% tree -a
.
├── .cache
(略)
├── .fusumarc.yml
├── .github
(略)
├── slides
│   ├── 0-title.md
│   ├── 02-body
│   │   ├── 0-content1.md
│   │   ├── 01-content2.md
│   │   ├── img
│   │   │   └── pose_pien_uruuru_woman.png
│   │   └── scripts
│   │       └── Sample.js
│   └── 03-end.md
└── style.css

「.fusumarc.yml」は設定ファイル
今回は特にいじっていないが、テーマやスライドの遷移エフェクトを変更することができる

% cat .fusumarc.yml
meta:
  url:
  title:
  description:
  siteName:
  sns: ['twitter']
slide:
  loop: false
  ui:
    sidebar: true
    vertical: false
    pagination: # bullets | progressbar | fraction
    effect: # fade | cube | flip
  code:
    # https://prismjs.com/
    plugins: []
    theme: default # coy | dark | funky | okaidia | solarizedlight | tomorrow | twilight

「style.css」はCSSファイル
「assets」内にあった「pop.css」というテーマを使ってみる

% cat style.css
(略)
@import '../../.nodenv/versions/12.12.0/lib/node_modules/fusuma/assets/style/themes/pop.css';
(略)

主にいじるのは、「slides」ディレクトリ
先頭の番号順に呼び出される、数字があればファイル名は何でも良さそう
ディレクトリになっていればその下を見に行く
例えば下の例だと、「0-title.md」「0-content1.md」「01-content2.md」「03-end.md」の順番で呼び出される

一つのファイルに複数スライド書けるので、どのようにファイルを分けても良い

「img」と「scripts」は画像やスクリプトをまとめるために作成。多分、この場所でなくても良い

├── slides
│   ├── 0-title.md
│   ├── 02-body
│   │   ├── 0-content1.md
│   │   ├── 01-content2.md
│   │   ├── img
│   │   │   └── pose_pien_uruuru_woman.png
│   │   └── scripts
│   │       └── Sample.js
│   └── 03-end.md

スライドは「—」で分けることができる

「classes: title」はタイトルスライドにつける

「toc.md」と「contents」をマークすると勝手に目次を表示してくれる

% cat slides/0-title.md
<!-- classes: title -->

# Title

This slides created by "fusuma".

---

<!-- toc.md -->

# Contents

<!-- contents -->

表示すると以下のようになる
20210213_fusuma

20210213_fusuma

もっと色々試してみるために、以下のように書いてみる
「section-title: Section1」でセクションタイトルを宣言すると、目次に自動反映される

% cat slides/02-body/0-content1.md
<!-- section-title: Section1 -->
# Section1
This is first section.

---
## Hello
This is the first slide of this section.

---
## Emoji
:smile:

---
<!-- background: green -->
## Background

---
## Codes
```javascript
alert('hi!!');
console.log('hi!');
```

---
## QR Code
<!-- qr: https://www.yoshiislandblog.net -->

---
## Image
![pien](./img/pose_pien_uruuru_woman.png)

---
## Blocks
<!-- block-start: grid -->
<!-- block-start: column -->
left
left
left
<!-- block-end -->
<!-- block-start: column -->
center
center
center
<!-- block-end -->
<!-- block-start: column -->
right
right
right
<!-- block-end -->
<!-- block-end -->

表示結果は以下の通り
Chromeだとうまくいったが、Safariだと画像がうまく表示されなかった

20210213_fusuma

20210213_fusuma

MDX(MarkdownとReactが合わさったものらしい)を使いこなせたら、もっと便利そうなので、これから精進したい

以上。

About me

ゆかき(♀)

アラサー駆け出しインフラエンジニア
ど文系営業からSEへ転身し日々奮闘している人

一児の母

#AP応用情報 #HTML5Lv1 #第2種電気工事士 #DCP(Data Center Practitioner) #LPIC Lv2 #VCP6.5 #CCNP #Oracle Bronze #HSKLv5 #TOEIC860

Line stamp

僭越ながら販売中

Green cat & Orange cat

Amazon