Android

AndroidStudioインストールからadbコマンドが使えるようになるまで

初めてのAndroid買って真っ先にやったこと。Xcode入れる前にAndroidStudio入れちゃう。 インストール https://developer.android.com/studio/よりAndroidStudioをインストールする。 セットアップ Android Studioがインストールできたら起動して、セットアップ。 新しいプロジェクトを作成する 「Start a new Android Studio project」をクリックし、粛々と進める。 色々足りないようなので、エラーメッセージに従って、色々インストールする。 できた ADBコマンドを使えるようにする このままでは使えない状態 File > Other Settings > Default Project Structure よりパスを確認する ~/.bash_profileに「調べたパス+/platform-tools」を記載する(ファイルが無ければ作成する) ~/.bash_profileの読み込み これで使えるようになる

Android(HuaweiP9lite)でDeveloperOptionをUnlockする

Android(HuaweiP9lite)でDeveloperOptionをUnlockする方法メモ Setting > About phone とクリック Build numberを「7回タップ」する すると、Developerモードになったとメッセージが現れる 1階層戻って、「Developer options」がクリックできるようになっている 「OEM unlocking」やらをオンにしておく 以上

AndroidスマホのファイルをMacで見る方法

AndroidスマホのファイルをMacで見る方法メモ AndroidはHuaweiP9liteを使用 繋ぐ まずは、スマホとMacを物理的に接続する すると、スマホの画面で接続を許可するか聞かれるので、許可をクリックする Androidfiletransferをインストール 繋ぐと、「MyCDROM」という名前でマウントされるので、中身を見る。 中には「Androidfiletransfer.dmg」が入っているので、クリック。 インストールする。 中身を確認 インストールされたAndroidfiletransferを立ち上げると、中身が確認できる。