JSON-to-Goを使ってGoでjsonを扱う話(TOML-to-Goも)

JSON-to-Goを使ってGoでjsonを扱う話。 Open Weather Mapを使って、取得したjson形式の情報をGoで扱う。 https://openweathermap.org Open Weather MapのAPI叩くためにアカウント登録 まずは、こちらからOpen Weather Mapのアカウント登録をして、App IDを入手する。 https://openweathermap.org/appid 登録画面への遷移。 App IDの入手。 tomlのダウンロード こちらよりtomlをgoで読み込むためのパッケージをダウンロードしておく。 https://github.com/BurntSushi/toml 今回はApp IDの情報は外出しでtomlファイルに書いておいて、呼び出す動きにする。 コード作成 ディレクトリ構造は以下の通り。 password.cfgには、入手したApp IDの情報を記載しておく。 メインのコード全体は以下。 ポイントは、以下のjson構造をstructにて定義しているところ。 jsonの構造が複雑になればなるほど、一から、これを書くのは厳しいので、JSON-to-Go というツールを使う。 https://mholt.github.io/json-to-go/ 返ってきたjsonデータをコピペするだけで、Structを生成してくれる。 実行 あとは、実行すると、特定の値をとってきたりできる。 今回は、Weather配下のMain(天気情報)を取得した。 同様に、TOML-to-Goというツールもあるので便利。 https://xuri.me/toml-to-go/