OracleLinux6でGUI環境を後から入れたい

公開日:2020-10-24 更新日:2020-11-03

Oracle Vagrant Virtualbox

t f B! P L

VagrantでOracleLinuxを入れるとGUI環境が付いてなかったので後から入れる必要がある
参考:Using Oracle Linux Vagrant boxes

以下のコマンドで後から入れること可能

# yum -y groupinstall "Desktop" "Desktop Platform" "General Purpose Desktop"

インストールしたら再起動

# shutdown -r now

GUI起動はstartx

$ startx

Terminalはここにあった


参考:Vagrantfile例

% cat Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|

  config.vm.define "oemsv" do |server|
    server.vm.box = "oraclelinux/6"
    server.vm.box_url = "https://oracle.github.io/vagrant-projects/boxes/oraclelinux/6.json"
  end

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    vb.gui = true
    vb.name = "oemsv"
    vb.memory = "8192"
    vb.cpus = "2"
  end

  config.vm.hostname = "oemsv"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.101"
  config.disksize.size = "100GB"

end

参考:How to Install Gnome Desktop Environment onto Oracle Linux 6.x

以上。

About me

ゆかき(♀)

アラサー駆け出しインフラエンジニア
ど文系営業からSEへ転身し日々奮闘している人

一児の母

#AP応用情報 #HTML5Lv1 #第2種電気工事士 #DCP(Data Center Practitioner) #LPIC Lv2 #VCP6.5 #CCNP #Oracle Bronze #HSKLv5 #TOEIC860

Media

こちらのイベントで記事紹介いただいていた、嬉しい。

Line stamp

僭越ながら販売中

Green cat & Orange cat

Amazon