OEM Cloud Control13cをOracleLinux6 on Virtualboxにインストールする〜(3)OEM Cloud Controlインストール〜

OEM Cloud Control13cをOracleLinux6 on Virtualboxにインストールする〜(2)リポジトリ用DBの作成〜」の続き

前回までで、リポジトリDBができたので、本題の、OEM Cloud Controlをインストールする


全体図


全体目次

  • (1)VM作成
  • (1.5)事前準備
  • (2)リポジトリ用DBの作成
  • (3)OEM Cloud Controlインストール

    (3)OEM Cloud Controlインストール:目次

  • (3−1)OEM Cloud Control 13cR2のダウンロードと展開
  • (3−2)OEM Cloud Control 13cR2インストールの事前準備
  • (3−3)OEM Cloud Control 13cR2のインストール
  • (3−4)OEM Cloud Control 13cR2へのログイン

    (3−1)OEM Cloud Control 13cR2のダウンロードと展開

    ※VMにて実施(Oracleユーザー)

    ZIPたちを格納する作業用ディレクトリを作成

    $ mkdir oracle_work
    

    ※Macにて実施

    以下リンクより、Oracle Enterprise Manager Cloud Control 13c Release 2 (13.2.0.0)をダウンロード ※6ファイル全部
    Oracle Enterprise Manager Downloads for Linux x86-64

    SCPでMacからVMへダウンロードしたZIPたちを送る(アスタリスク(*)で6 ZIPファイル全てを指定)
    参考:「vagrant ssh」の経路を使って「scp」したいのだが

    % scp -r -i ./.vagrant/machines/oemsv/virtualbox/private_key -P 2200 ~/Desktop/em13200_linux64* vagrant@localhost:~
    

    ※VMにて実施(Rootユーザー)
    ダウンロードしたZIPたちを作成した作業用ディレクトリに移して、権限をOracleユーザーに変更しておく

    # mv /home/vagrant/em13200_linux64* /home/oracle/oracle_work/
    # chown oracle:oinstall /home/oracle/oracle_work/em13200_linux64*
    # chmod u+x /home/oracle/oracle_work/em13200_linux64.bin
    # ls -liah /home/oracle/oracle_work/
    total 7.4G
    1835402 drwxr-xr-x.  2 oracle oinstall 4.0K Oct 22 14:53 .
    1572874 drwx------. 26 oracle oinstall 4.0K Oct 22 14:21 ..
    1574326 -rw-r--r--.  1 oracle oinstall 2.0G Oct 22 14:51 em13200_linux64-2.zip
    1574329 -rw-r--r--.  1 oracle oinstall 528M Oct 22 14:51 em13200_linux64-3.zip
    1574330 -rw-r--r--.  1 oracle oinstall 2.0G Oct 22 14:52 em13200_linux64-4.zip
    1574331 -rw-r--r--.  1 oracle oinstall 2.0G Oct 22 14:52 em13200_linux64-5.zip
    1574332 -rw-r--r--.  1 oracle oinstall 453M Oct 22 14:52 em13200_linux64-6.zip
    1574333 -rwxr--r--.  1 oracle oinstall 529M Oct 22 14:52 em13200_linux64.bin
    

    (3−2)OEM Cloud Control 13cR2インストールの事前準備

    ※VMにて実施(Oracleユーザー)

    OEM Cloud Controlをインストールする際にMiddleware HomeとAgent Baseの場所を聞かれるので、Oracleユーザーで作成しておく

    $ mkdir -p /u01/app/oracle/middleware
    $ mkdir -p /u01/app/oracle/agent
    

    (3−3)OEM Cloud Control 13cR2のインストール

    OracleユーザーでGUIログインし、「./oracle_work/em13200_linux64.bin」でインストーラ起動(1分ほど時間かかる)

    案内に沿って進める

    この辺は不要

    いくつかWarningが出るが、一旦Ignoreで進める

    今回はSimpleを選択

    作成しておいたディレクトリを指定

    「Administrator Password」では、OEMのパスワードを入力(SYSMAN user accountのパスワード)
    「Database Connection Details」では、データベース作成の際に、「SELECT INSTANCE_NAME FROM V$INSTANCE;」と「lsnrctl status」で確認した情報を入力
    参考:OEM Cloud Control13cをOracleLinux6 on Virtualboxにインストールする〜(2)DBインストール〜

    ※データベースとリスナーが起きていること前提
    参考:「あれ、DB落ちてんじゃん」という時にやること(データベースの起動とリスナーの起動)


    エラー発生「Check if parameter _allow_insert_with_update_check is TRUE」

    該当箇所のログを確認

    $ cat /tmp/OraInstall2020-10-22_03-20-33PM/emdbprereqs/LATEST/emprereqkit.out
    ...
    Prerequisite Name = id_allow_insert_with_update_param
    Prerequisite Detailed Name = id_allow_insert_with_update_param
    Prerequisite Status = fail
    Prerequisite Recommendation = reco_id_allow_insert_with_update_param
    Prerequisite Detailed Recommendation = detailed_reco_id_allow_insert_with_update_param
    ...
    

    問題のパラメータ(_allow_insert_with_update_check)を修正
    参考:3.5 Oracle Database 12.2.0.1.0/18.0.0.0.0のデータベース初期化パラメータ

    $ sqlplus /nolog
    
    SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on Thu Oct 22 16:38:06 2020
    
    Copyright (c) 1982, 2016, Oracle.  All rights reserved.
    
    SQL> conn / as sysdba
    Connected.
    SQL>
    SQL> show parameter "_allow_insert_with_update_check";
    SQL> alter system set "_allow_insert_with_update_check"=true scope=both;
    
    System altered.
    
    SQL> show parameter "_allow_insert_with_update_check";
    
    NAME				     TYPE	 VALUE
    ------------------------------------ ----------- ------------------------------
    _allow_insert_with_update_check      boolean	 TRUE
    SQL>
    

    次のエラー
    「Check the CBO stats gathering job」
    「Check parallel max servers parameter」
    「Check parallel min servers parameter」
    これらは勝手に修正しますよ、と書いてあるのでスルーできる

    次のエラー
    「Check the session_cached_cursors instance parameter value」
    「Check the shared_pool_size instance parameter value」
    これも警告のみでスルーできた

    BI Publisherはチェックを外して進む

    確認して問題なければ「Install」
    インストールは2時間ほどかかった

    最後にスクリプトを実行するようにでてくるのでRootユーザーで実行する

    # sh /u01/app/oracle/middleware/allroot.sh
    
    Starting to execute allroot.sh .........
    
    Starting to execute /u01/app/oracle/middleware/root.sh ......
    /etc exist
    
    Creating /etc/oragchomelist file...
    /u01/app/oracle/middleware
    Finished product-specific root actions.
    /etc exist
    Finished execution of  /u01/app/oracle/middleware/root.sh ......
    
    
    Starting to execute /u01/app/oracle/agent/agent_13.2.0.0.0/root.sh ......
    Finished product-specific root actions.
    /etc exist
    Finished execution of  /u01/app/oracle/agent/agent_13.2.0.0.0/root.sh ......
    #
    

    終わったら、「OK」を押下

    次画面は「Close」で完了


    (3−4)OEM Cloud Control 13cR2へのログイン

    無事にインストールできたので、ブラウザからログインしてみる

  • URL: https://【VMのIP】:7802/em
  • ユーザー名: sysman
  • パスワード: 【データベース作成の際に指定したパスワード】
    参考:OEM Cloud Control13cをOracleLinux6 on Virtualboxにインストールする〜(2)DBインストール〜

    視覚障害者向けの質問など聞かれるので適宜指定して進む

    無事に管理画面にたどり着く

    以上。