OEM Cloud Control13cをOracleLinux6 on Virtualboxにインストールする〜(1.5)事前準備〜

OEM Cloud Control13cをOracleLinux6 on Virtualboxにインストールする〜(1)VM作成〜」の続き

リポジトリ用のデータベースを作るための事前準備


全体図


全体目次

  • (1)VM作成
  • (1.5)事前準備
  • (2)リポジトリ用DBの作成
  • (3)OEM Cloud Controlインストール

    (1.5)事前準備:目次

  • (1.5−1)必要パッケージインストール
  • (1.5−2)hostsファイル編集
  • (1.5−3)Oracleユーザー設定
  • (1.5−4)ディレクトリ作成
  • (1.5−5)iptables停止
  • (1.5−6)selinux設定変更
  • (1.5−7)GUI環境構築

    (1.5−1)必要パッケージインストール

    必要パッケージのインストール

    # yum -y install make binutils gcc libaio glibc-common libstdc++ libXtst sysstat glibc-devel glibc-devel.i686
    

    「oracle-database-server-12cR2-preinstall」というOracle Databaseを入れるにあたりいい感じに環境を整えてくれるパッケージがあるので利用する
    ※インストールするバージョンによって名前が違うので注意
    参考:オペレーティング・システム構成を完了するためのRPMパッケージ

    # yum -y install oracle-database-server-12cR2-preinstall
    

    設定反映

    # sysctl -p
    

    vimとunzipも使うのでインストール

    # yum -y install vim unzip
    

    (1.5−2)hostsファイル編集

    バックアップを取りつつ、Hostsファイルを編集
    今回は、oemsvというホスト名
    ドメインはlocaldomain

    # cp /etc/hosts /etc/hosts.20201022
    # vim /etc/hosts
    # diff /etc/hosts /etc/hosts.20201022
    1c1
    < 192.168.33.101	oemsv.localdomain	oemsv
    ---
    > 127.0.0.1	oemsv	oemsv
    [root@localhost ~]#
    [root@localhost ~]# cat /etc/hosts
    192.168.33.101	oemsv.localdomain	oemsv
    127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
    ::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6
    
    

    (1.5−3)Oracleユーザー設定

    「oracle-database-server-12cR2-preinstall」が必要なユーザーを作ってくれているので、
    oracleユーザーのパスワード設定
    参考:Oracleインストール所有者アカウントについて

    # passwd oracle
    Changing password for user oracle.
    New password:
    BAD PASSWORD: it is based on a dictionary word
    Retype new password:
    passwd: all authentication tokens updated successfully.
    

    確認

    # id oracle
    uid=54321(oracle) gid=54321(oinstall) groups=54321(oinstall),54322(dba),54323(oper),54324(backupdba),54325(dgdba),54326(kmdba),54330(racdba)
    

    (1.5−4)ディレクトリ作成

    インストール先のディレクトリ作成

    # mkdir -p /u01/app
    # chown -R oracle:oinstall /u01/app
    

    (1.5−5)iptables停止

    iptablesの停止

    # service iptables stop
    # chkconfig iptables off
    

    (1.5−6)selinux設定変更

    selinuxをバックアップを取りつつ「permissive」に設定変更

    # cp /etc/selinux/config /etc/selinux/config.20201022
    # vim /etc/selinux/config
    # diff /etc/selinux/config /etc/selinux/config.20201022
    6c6
    < SELINUX=permissive
    ---
    > SELINUX=enforcing
    [root@localhost ~]#
    

    (1.5−7)GUI環境構築

    最後にGUI環境の構築が必要
    手順は、こちらを参照ください
    OracleLinux6でGUI環境を後から入れたい


    続きはこちら
    OEM Cloud Control13cをOracleLinux6 on Virtualboxにインストールする〜(2)リポジトリ用DBの作成〜